男性有名人

羽鳥慎一の高校・大学は?子供は元嫁の子?今の嫁の子?

更新日:

『ぐるぐるナインティナイン』や『人生が変わる1分間の深イイ話』でお馴染みの羽鳥慎一さん。

日本テレビアナウンサーからフリーとなった現在まで活躍中です。

そんな羽鳥慎一さんですが高校や大学はどんな生活を送ったのでしょうか。

離婚して再婚していますがお子さんは元嫁の子なのか今の嫁の子なのかも気になるところです。

そこで今回は羽鳥慎一さんについて調査しまとめました。

元嫁の貴重な動画も掲載したので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

・羽鳥慎一

引用元:https://thetv.jp/news/detail/147586/

愛 称:バード
出身地:埼玉県上尾市
生年月日:1971年3月24日(49歳)
血液型:A型
最終学歴:早稲田大学政治経済学部経済学科
所属事務所:テイクオフ
職 歴:元日本テレビアナウンサー
活動期間:1994年 -
ジャンル:報道・情報・娯楽番組
配偶者:一般女性(1996年 - 2012年)
   :渡辺千穂(2014年 - )

 

出演番組

出演中:『羽鳥慎一モーニングショー』『ぐるぐるナインティナイン』『人生が変わる1分間の深イイ話』など
出演歴:『モーニングバード』『ズームイン!!SUPER』『ズームイン!!サタデー』など

 

羽鳥 慎一(はとり しんいち)さんはフリーアナウンサーで司会者です。

元日本テレビアナウンサー。

テイクオフ所属で埼玉県上尾市の出身です。

身長182cmで血液型はA型。

愛称は福澤朗さんの命名によるバードです。

 

1994年4月に日本テレビ入社しました。

志望動機は野球の実況をしたかったためだそうです。

入社後はプロ野球中継の実況等を経て『ズームイン!!サタデー』、『ズームイン!!SUPER』の総合司会や、NNN24の朝のニュース枠『モーニングライブ』のキャスター、『ものまねバトル』の総合司会などを担当し、2009年に第30回NNSアナウンス大賞テレビ部門大賞を受賞しました。

 

2011年3月31日を以って日本テレビを退社しフリーに転身しています。

 

スポンサーリンク

高校・大学は?

羽鳥慎一さんは学生時代はどんな学生だったのでしょう。

何か打ち込みものはあったのでしょうか。気になりますよね。

そこで高校と大学ではどんな生活を送ったのか調べてみました。

まずは高校生活から見てみることにしましょう。

 

高校生活は

羽鳥慎一さんは横浜市立権太坂小学校を卒業後、横浜市立境木中学校を経て、神奈川県立横浜平沼高等学校に進学します。

羽鳥慎一さんは中学時代から野球をしていてセカンドを守っていました。

高校時代は野球部に所属しピッチャーを務めています。

高校2年まではオーバースローで高校3年からはアンダースローにフォームを変えています。

後に2年連続でセ・リーグ首位打者を獲得する鈴木尚典さん(当時:横浜高校)と対戦し、2打席連続三振を奪ったことがあります。

エースとして夏の神奈川大会4回戦まで進出した実績を残しました。

 

・神奈川県立横浜平沼高等学校

所在地:〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1丁目5-8
電 話:045-313-9200
偏差値:66

 

大学生活は

羽鳥慎一さんは高校を卒業後、一浪を経て早稲田大学政治経済学部経済学科に入学しました。

当時、同学科には元大阪府知事の橋下徹さんも在籍していましたが、大学在学中は面識はなかったそうです。

高校までは熱心に野球に取り組んでいましたが、大学時代は「レモンスマッシュ」という軽めのノリのテニスサークルに参加しています。

ちなみに羽鳥慎一さんは「偏差値が良かったから早稲田の政経を選んだ」とインタビューに応えています。

 

・早稲田大学政治経済学部経済学科

所在地:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
電 話:03-3207-5617
偏差値:70

 

関連記事:富川悠太アナの嫁はあげまん?自宅と子供の学校はどこ?

関連記事:橋下徹の嫁はあげまん?旦那の出世と子供の数・学校を見れば分かるよ!

関連記事:玉川徹の大学は高学歴なのにテレ朝の役職はヒラ社員?結婚歴や彼女について!

 

嫁について

羽鳥慎一さんはバツイチで再婚しているので元嫁と嫁がいます。

元嫁は結婚した当時は一般女性ですが、それなりに有名人だった方です。

そして今の嫁は芸能界では名の知られた方です。

それぞれ見ていくことにしましょう。

まずは元嫁からです。

 

元嫁は

・栗原冬子

生年月日:1971年12月22日(48歳)
出身地:群馬県
血液型:A型
学 歴:川越女子高校→青山学院大学 
所 属:JCPプロ→加山プロ 
サイズ:T162.B80.W60.H83.44K(1989) 
職 業:アロマセラピーインストラクター、ライフスタイルデザイナー

 

栗原 冬子(くりはら ふゆこ)さんは歌手とタレントとして活動していました。

1987年、高校1年の時に文化放送タイアップのオーディションに250名の中から選ばれ芸能界入りします。

1988年にNHK大河ドラマ「武田信玄」に侍女役で出演。

1989年には1stシングル「LOST LOVE」をリリースします。

1994年に大学を卒業しタレントを引退、国際線の客室乗務員(キャビンアテンダント)になります。

1995年に羽鳥慎一さんと知り合い翌1996年に結婚します。

1997年には第1子となる女児を出産しますが2012年5月2日に離婚しました。

なお娘の親権は栗原冬子さんが持ちました。

You Tubeにタレント時代の動画が残っていました。こちらです。

 

■栗原冬子 LOST LOVE

 

今の嫁は

・渡辺千穂

生年月日:1972年10月18日(47歳)
出身地:東京都

主な作品

ドラマ:『泣かないと決めた日』『名前をなくした女神』『サキ』『ファーストクラス』『べっぴんさん』
映 画:『さよならみどりちゃん』『赤い糸』『レインツリーの国』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

 

渡辺 千穂(わたなべ ちほ)さんは脚本家です。

東京都出身。シナリオ作家協会会員です。

OLとして企業に勤務していた2000年、もともと本が好きだったことから「何かを書きたい」と思いたち、書店で手に取ったテレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』のシナリオ本をきっかけに脚本家の道を志すようになります。

 

デビュー前に作成した脚本のプロットがテレビ局のプロデューサーの目に留まったことで、2002年のテレビドラマ『天体観測』(関西テレビ)で脚本家としてデビューを果たしました。

 

以来、テレビドラマを中心にコメディや恋愛ドラマを数多く手掛けています。

私生活では、2012年8月にテイクオフ社長主催の会食で知り合い、同年11月頃より交際していた同事務所所属のフリーアナウンサー羽鳥慎一さんと、約2年の交際期間を経て2014年8月18日に結婚しています。

 

そして2016年1月下旬に第1子となる女児を出産しています。

 

子供は元嫁の子?今の嫁の子?

羽鳥慎一さんは元嫁の栗原冬子さんとの間に23歳になる娘さんがいます。

そして今の嫁の渡辺千穂さんとの間にも4歳になる娘さんがいます。

つまり異母姉妹ということになりますが、2人の間に交流があるのかどうかは不明です。

 

終わりに

以上、羽鳥慎一さんについて見てきました。

元嫁も今の嫁も有名人だったんですね。

そしてそれぞれに娘さんがいるとは知りませんでした。

元嫁のシングル曲も今聞くと時代を感じさせます。

そして今の嫁はNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の脚本家だったとは、これも知りませんでした。

さて、今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性有名人

Copyright© off time , 2020 All Rights Reserved.