スポーツ 男性アスリート

鍬原拓也がプロになれたのは母のおかげ?結婚は?ドラフトから育成・現在は?

更新日:

スリークォーターとサイドスローの間から投球する、独特のスタイルをみせる鍬原拓也さん。

今シーズンは好調で一軍で活躍を続けています。

そこで今回は「鍬原拓也がプロになれたのは母のおかげ?結婚は?ドラフトから育成・現在は?」をテーマに調査してまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■鍬原 拓也

・出身地:奈良県御所市
・生年月日:1996年3月26日(26歳)
・身 長:178cm
・体 重:85kg

選手情報

・投球/打席:右投/右打
・ポジション:投手
・プロ入り:2017年
・初出場:2018年5月31日
・年 俸:1060万円(2022年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・北陸高等学校
・中央大学
・読売ジャイアンツ (2018 - )

 

鍬原 拓也(くわはら たくや)さんは奈良県御所市出身のプロ野球選手です。

右投右打で読売ジャイアンツに所属しています。

 

スポンサーリンク

プロになれたのは母のおかげ

鍬原拓也さんがプロ野球選手になれたのは母親のおかげだといいます。

どういうことなのでしょうか。

そこで子供の頃の怪我のエピソードや母子家庭で育ったこと。

高校・大学時代はどんな選手だったのかをそれぞれご紹介しましょう。

 

子供の頃の怪我のエピソード(野球をあきらめた)

鍬原拓也さんは中学時代にひじの怪我で、プロへの夢をあきらめようとしたことがあります。

しかし実はそれは口実で、困窮する母子家庭を慮ってのことでした。

母親の佐代子さんは、鍬原さんを引き止めようと野球部の関係者が集まると、次のように訴えたそうです。

 

「この子に野球を続けてあげてください。うちが貧乏なため、気を使っているだけです」

引用元:価格ドットコム(https://kakaku.com/tv/channel=6/programID=78388/page=2/)

 

この言葉を聞いた鍬原さんは夢から逃げない事を決め北陸高等学校へ進学しました。

 

母子家庭

鍬原拓也さんが幼い頃に両親が離婚しています。

妹ともに母親の佐代子さんに引き取られ、家賃4000円の市営住宅で暮らしました。

佐代子さんはパートで得た僅かな収入で懸命に育てたそうです。

鍬原さんは小遣いを1度も貰った事はなく、散髪も母親の佐代子さんがしていました。

野球を始めたのは小学3年生からですが、佐代子さんは遠征費を工面するため、恥を忍んで寄付金を募ったこともあるそうです。

 

高校・大学時代

鍬原拓也さんは中学を卒業すると、橿原磯城リトルシニアの関係者の勧めで、福井県の北陸高等学校に進学します。

特待生として硬式野球部の寮で生活し、1年時の夏からベンチ入りを果たすと、同年の秋季福井県大会でチームの準優勝に貢献しました。

3年夏の選手権福井大会初戦で15三振を奪ったほか、打者としても対外試合で通算22本塁打を打ちましたが、在学中には甲子園球場の全国大会とは無縁でした。

 

大学進学は費用がネックとなり野球を辞めようと考えていましたが、硬式野球部監督の谷津田伸二さんの仲介で、谷津田さんの母校である中央大学へ特待生として入学が決まります。

 

東都大学野球のリーグ戦では、1年時の春から3年時の春までクローザーを任された後に、3年時の秋から先発へ転向しました。

リーグ戦には通算で44試合に登板。

11勝13敗、防御率3.38、通算投球イニング165回で157三振を奪ったことから「東都のドクターK」と称されました。

 

結婚は

鍬原拓也さんはまだ結婚していません。

熱愛報道もないので彼女はいないものと思われます。

ちなみに鍬原さんの理想の女性はこの方だそうです。

https://twitter.com/Hello_reiko12/status/1511559925474168832

美人女優として人気のある深田恭子さんです。

鍬原さんは面食いなのかも知れませんね。

 

ドラフトは

鍬原拓也さんは2017年のNPBドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から1巡目で指名されました。

清宮幸太郎(現:北海道日本ハムファイターズ)さんと、村上宗隆(現:東京ヤクルトスワローズ)さんへの指名重複による抽選で、独占交渉権を逃した末の再々指名でした。

契約金1億円に出来高分5000万円、年俸1500万円(金額は推定)という好条件で契約します。

入団当初の背番号は29でした。巨人と仮契約を結んだ直後には、女手一つで育てた母への恩返しとして、「契約金でマンションの一室を買ってあげたい」という希望を明かしています。

 

育成選手になったのは何故

鍬原拓也さんは2020年8月12日に日本ハムとのイースタン・リーグ公式戦へ登板したところ、右肘の違和感から途中降板し後の診察で右肘頭の骨折が判明します。

同月に手術を受けました。

同年11月3日に球団から、育成選手としての再契約を前提とする自由契約が通知され、育成選手として再契約しました。

推定年俸は330万円減の1320万円となり背番号は029に変更されます。

ですから育成選手となった理由は怪我による故障のためです。

 

現在は支配下選手

鍬原拓也さんは2021年にはイースタン・リーグで14試合に登板し防御率3.64を記録します。

同年8月30日に支配下登録に復帰することが発表され、背番号は46に戻ることになりました。

しかし同年11月15日に再び育成選手としての自由契約が通知され育成選手に戻ります。

背番号も再び029となりました。

2022年は春季キャンプは二軍スタートでしたが2月中旬に一軍に昇格します。

紅白戦や二軍戦を含め7試合連続無失点と結果を残し、3月11日に再び支配下選手登録されました。

背番号も再び46となります。

 

今後に期待

鍬原拓也さんは2022年4月9日の時点で7試合に登板し、防御率0.00の6連続ホールドを記録しています。

中継ぎ投手の仕事をしっかりこなしており、今後の期待に応えてくれるでしょう。

 

関連記事:赤星優志の特徴は?初勝利で父親は号泣!

関連記事:堀田賢慎の球速にスカウトが惚れた?高校からドラフト1位も怪我で支配下に

関連記事:山崎伊織の素行に感心!高校・大学の成績に驚き!ドラフトは?

 

まとめ

以上、鍬原拓也さんについてみてきました。

中学時代から多くの人の支えでプロになったことがわかります。

しかしこれは鍬原さんに才能があった故でしょう。

ドラフト1位入団ながらも育成選手契約になるなど紆余曲折がありましたが、その結果が今季の活躍に結びついているように見えます。

今後に期待しましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.