スポーツ 男性アスリート

堂安律は下手といわれるが日本代表に召集されるのは何故?ゴールを奪う力と年棒推移に驚き!

投稿日:

JFA(日本サッカー協会)は11月7日に、今月行われる日本代表のオーストリア遠征に、堂安律さんが参加しないことを発表しました。

これは堂安律さんが所属しているアルミニア・ビーレフェルトの事情によるもので、背景にあるのはやはりコロナ禍です。

オーストリアは新型コロナが猛威を奮っている最中です。

そこに所属選手は派遣できないというのが、アルミニア・ビーレフェルトが下した決定というわけです。

欧州リーグや日本代表で活躍する堂安律さんですが、時には下手と言われることがあります。

その理由は何でしょうか。

そこで今回は堂安律さんについて調査しまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

下手といわれるのは何故?

堂安律さんが下手と言われるのには4つの理由があります。

順に見ていくことにしましょう。

 

①判断が遅れる

堂安律さんが周囲の状況を確認するのは、ボールを受けた後だと言われています。

マイボールにしてから確認したのでは、判断が遅れることになります。

仮に空いたスペースがあっても確認しているうちに埋まるのがサッカーです。

ともかく瞬時の判断が必要な世界では致命的とも言えます。

そして本来であればゴールを狙えたはずが、ボールを後ろに戻さざるを得ないということになってしまいます。

 

② 利己的なプレーが多い

堂安律さんは積極的にミドルシュートを打つ選手です。

結果として外すことも多いのですが、他の選手にボールを回していれば得点に繋がったのではというシーンも目立ちます。

このことから利己的なプレーが多いと言われるんですが、これは少し可哀想でしょう。

欧州の選手では普通のプレーですし、南米の選手を考えればむしろ控えめとすら言えます。

 

③ 足元のテクニックがいまいち

堂安律さんの持ち味はパワーとスピードです。

ですが足元のテクニックはそれほどではないと見られています。

これは欧州のリーグではさほど目立たないのですが、日本代表に来ると他の選手のボールさばきが抜群なので、どうしても見劣りがするんですね。

かつて中田英寿さんは日本代表について「練習だけなら世界一」と評していましたが、足元でのボールさばきは実は日本人選手は上手い人が多いんです。

堂安律さんは日本人らしくないプレーヤーなのかもしれません。

 

④ フィジカルがアンバランス

活動の場を欧州リーグに移してから、堂安律さんの体は大きくなりました。

当たり負けしないようになったのはいいんですが、本来の切れ味がややスポイルされています。

人間の体はバランスが大事です。

特にアスリートにとっては重要で、堂安律さんはこれ以上体を大きくする必要はないでしょう。

 

日本代表に召集されるのは何故?

堂安律さんは2013年から2015年は「U-17日本代表」、2015年から2017年は「U-20日本代表」、2018年からは「日本代表」、2019年からは「U-23日本代表」に選出されています。

 

つまり日本代表に選出され続けていることになります。

これは結果を出し続けているからこそだと言えます。

その結果とは得点力です。

次の項目でお話しましょう。

 

スポンサーリンク

ゴールを奪う力がある?

堂安律さんは2016年10月、AFC U-19選手権のメンバーに選出されます。

そして10月24日の準々決勝のU-19タジキスタン戦では1得点1アシストの活躍で5大会ぶりとなるFIFA U-20ワールドカップの出場権獲得に貢献しました。

10月30日に行われた決勝のU-19サウジアラビア戦では、0-0でPK戦の末優勝を果たして、AFC U-19選手権の大会MVPに選出されています。

 

また2017年5月にはFIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出され、5月21日に行われた初戦のU-20南アフリカ戦では逆転ゴールを決め、5月27日のU-20イタリア戦では2得点を挙げて、日本の決勝トーナメント進出に貢献しています。

 

イタリア戦後にFIFA公式ツイッターは「日本のメッシ」と評しています。

2018年8月30日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表に初招集され、10月16日の対ウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めています。

2019年1月にはAFCアジアカップ2019のメンバーに選出、1月9日に行われた初戦のトルクメニスタン戦では、アジアカップにおける日本代表最年少得点(当時)を決めました。

同大会では6試合出場2ゴールという成績を残しています。

これによりFIFAによる今大会の「ブレイクスター」5人のうち1人に選ばれています。

 

年棒推移

堂安律さんの年俸の推移は次の通りです。

 年度 クラブ  年俸

2015  G   380万円
2016  G   600万円
2017  FC  3700万円
2018  FC  8000万円
2019  PSV  9000万円
2020  PSV  1億円

G:ガンバ大阪 

FC:FCフローニンゲン

PSV:PSVアイントホーフェン

ジャンプアップしていることがわかります。

 

関連記事:堂安律と兄とどちらが先にプロに?兄弟は出身高校と血液型も違う?

 

終わりに

以上、堂安律さんについて見てきました。

外野からは色々言われてしまう選手ですが、結果はきちんと出しています。

ブンデスリーガからも評価が高いのはそのためでしょう。

日本代表不参加は残念ですが、今の状況下では致し方ありません。

来年、オリンピックが開かれれば間違いなく活躍する選手です。

そしてW杯での活躍も期待できます。

これからも堂安律さんを応援していきましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2020 All Rights Reserved.