男性アスリート

岡本和真が結婚した嫁の画像はある?成績・年棒推移からみて嫁はあげまん?

投稿日:

2018年のシーズンは540打数を上げ、打率0.309という素晴らしい成績を残した岡本和真さん。

来季の年俸も今季の約7倍にジャンプアップしました。

そんな岡本和真さんですが若干22歳にして既に結婚しているんだそうです。

お嫁さんの画像はあるんでしょうか。

また、あげまんなんでしょうか、さげまんなんでしょうか?

気になります。

そこで今回は岡本和真さん、嫁さんについて調べてみることにしました。どうぞ最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

嫁の画像はある?馴れ初めは?

 

岡本和真さんはまだ22歳と若い選手ですが、じつは既に既婚者なんです。

お相手は神奈川県出身の化粧品会社に勤務する一般女性の方です。

二人の馴れ初めは2014年に遡ります。

当時、智辯学園高等学校の野球部に所属していた岡本和真さんは、夏の甲子園大会の1回戦の試合に出場していました。

試合後、詳しい経緯はわかりませんが、二人は出会ったんだそうです。

翌年、都内の化粧品店で再会したことをきっかけに交際が始まり、1年間の交際を経て2016年に結婚しました。

お相手の画像ですが一般女性のため公開されていません。

そのかわりと言ってはなんですが、岡本和真さんが描いた似顔絵をご紹介しておきます。

View post on imgur.com

岡本和真さんって絵心があるんですね?

いつ結婚した?

岡本和真さんは2016年12月25日のクリスマスの日に婚姻届を提出して結婚しました。]

この時、岡本和真さんは20歳。お相手の一般女性の方は22歳でした。

姉さん女房のプロ野球選手は成功している方が多いですね。

松坂大輔投手、イチロー選手、原辰徳監督など・・・。

入団2年目での結婚だったんですね。

少し早い気もしますが食事の管理など、プロ野球の選手にとって内助の功は大事ですから、良かったのかも知れません。

 

スポンサーリンク

一軍での成績推移と年棒推移

 

ここからは本業の野球での成績と年俸の推移を見ていくことにしましょう。

今シーズン、いかに活躍をしたのかがわかると思います。年俸の伸びにも驚きますよ。

成績推移

岡本和真さんのレギュラーシーズン成績(打者・打撃成績)は以下の通りとなっています。

年          打率    打数  安打  打点  本塁打 

2015年 0.214    28     6      4        1        
2016年 0.100    10     1      0        0        
2017年 0.194    31     6      2        0        
2018年 0.309  540  167  100      33      

成績がどんどん伸びていることがわかります。特に2018年は大活躍でしたね。

 

年棒推移

岡本和真さんの年俸の推移は以下の通りとなっています。

年         年俸    チーム    背番号

2015年 1,200万円 読売ジャイアンツ 38
2016年 1,400万円 読売ジャイアンツ 38
2017年 1,200万円 読売ジャイアンツ 38
2018年 1,200万円 読売ジャイアンツ 25
2019年 8,000万円 読売ジャイアンツ 25

※2014年、入団時の契約金は8,000万円 

来年からジャンプアップしていることがわかります。

 

嫁はあげまん?

 

岡本和真さんは2016年12月25日に結婚しています。

ということは翌2017年のシーズンからの成績と年俸を見ればあげまんかどうかわかりますよね。

打数に注目して成績を見てみると、2016年に10打数だったのが2017年には3倍の31打数になっています。

そして今年2018年には、なんと約17倍の540打数にまで伸びています。

年俸も来シーズンの2019年は8,000万円ですから約7倍の伸びとなります。

これをあげまんと言わずして、何があげまんなんでしょう。

 

岡本和真のプロフィール

・岡本 和真(おかもと かずま)

出身地:奈良県五條市
生年月日:1996年6月30日(22歳)
身 長:185cm
体 重:96kg

選手情報

投球・打席:右投右打
ポジション:一塁手、三塁手、左翼手
プロ入り:2014年 ドラフト1位
初出場:2015年8月28日

経 歴:智弁学園高等学校
   :読売ジャイアンツ (2015 - )

※( )はプロチーム在籍年度

派遣歴:ヒガンテス・デ・カロリーナ (2016)

表 彰:フレッシュオールスターゲームMVP 1回 (2016年)
       :ファーム日本選手権MVP 1回 (2016年)
       :東京ドームMVP特別賞 1回(2018年)

 

岡本 和真(おかもと かずま)さんは奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)です。

読売ジャイアンツに所属しています。

3歳頃から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始めます。

五條東中学校へ進学すると「橿原磯城リトルシニア」で投手兼三塁手を務め、2年生の時に主軸として出場した2010年の「全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」でベスト4に進出しました。

高校は野球の強豪校約20校からスカウトされる中、憧れであった智辯学園高等学校に入学します。

1年生からベンチ入りをして秋には早くも4番を任されるようになります。

甲子園の土を踏むことは叶いませんでしたが、高校野球では大活躍を見せたため「第10回U18アジア野球選手権大会」の日本代表に選出され、4番打者として打率.437、5打点をマークして準優勝に貢献しました。

2014年のプロ野球ドラフト会議1巡目で、読売ジャイアンツから単独指名を受け入団します。

そしてプロ入団後2015年からすぐに1軍で試合に出場しています。

 

まとめ

  • 岡本和真さんと奥さんとの出会いは高校生の時、岡本さんが出場している試合を奥さんが観戦していたことが馴れ初め。奥さんは一般女性なので画像はない。
  • 岡本和真さんは2016年12月25日のクリスマスの日に婚姻届を提出して結婚している。この時、岡本さんは20歳。奥さんは2つ年上の22歳だった。
  • 岡本和真さんの成績は入団以降右肩上がりで伸びている。特に2018年のシーズンはジャンプアップしている。
  • 岡本和真さんの年俸は今季の1,200万円から来季は8,000万円の加算された。
  • 岡本和真さんの奥さんは間違いなくあげまん。

以上、岡本和真さんについて見てきました。

今年の伸びは凄かったんですね。あらためて成績を見て驚きました。

これも内助の功があったからこそかも知れません。

来シーズンはさらに活躍してほしいと思います。

さて、今回はここまでにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性アスリート

Copyright© off time , 2019 All Rights Reserved.