スポーツ 男性アスリート

高橋宏斗がドラフト1位になった球種は?兄も野球人?

投稿日:

中日ドラゴンズで投手として活躍する髙橋宏斗さん。

球団史上最速のストレートを投げ周囲を驚かせました。

そこで今回は「高橋宏斗がドラフト1位になった球種は?兄も野球人?」をテーマに調査してまとめました。

画像も掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■髙橋 宏斗

・出身地:愛知県尾張旭市
・生年月日:2002年8月9日(20歳)
・身 長:186cm
・体 重:86kg

<選手情報>

・投球/打席:右投右打
・ポジション:投手
・初出場:2022年3月30日
・年 俸:1400万円(2022年)

 

<経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)>

・中京大学附属中京高等学校
・中日ドラゴンズ (2021 - )

 

<年度別投手成績>

年度  登板 防御率 三振数 四球数

2022 19   2.47    134     42

髙橋 宏斗(たかはし ひろと)さんは愛知県尾張旭市出身のプロ野球選手です。

右投右打で中日ドラゴンズに所属しています。

 

スポンサーリンク

高校時代まで

髙橋宏斗さんは尾張旭市立三郷小学校2年時に、三郷ファイターズに入団して野球を始め、主に二塁手や遊撃手を務めました。

6年時には、ドラゴンズジュニアのメンバーに選出され、2番・遊撃手としてプレーしています。

尾張旭市立東中学校時代は豊田シニアに入団します。

2年時にチーム事情により投手へ転向し、3年時の夏には全国16強入りを達成しています。

 

愛知県名古屋市の中京大学附属中京高等学校へ進学すると、2年時にエースとして第72回愛知県高校野球選手権大会、秋季東海大会、第50回明治神宮野球大会で優勝を経験しました。

3年時には愛知県独自大会で最速154km/hを計測した上に優勝し、甲子園交流試合では智辯学園高等学校相手に勝利を収め、中京大中京は公式戦無敗のままシーズンを締めくくっています。

2020年のドラフト会議では中日ドラゴンズから1位指名を受け、11月16日に契約金1億円+出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約を結びました。

 

ドラフト1位になった球種は?

髙橋宏斗さんは2020年のドラフト会議では、中日ドラゴンズから単独で1位指名を受けています。

ドラフト1位だったわけですが、どんな球種が評価されたのか気になるところです。

そこでまずはドラフト会議についてチェックしてから、髙橋さんの選手としての特徴を見てみることにしましょう。

 

ドラフトは

2020年度新人選手選択会議とは、2020年10月26日に行われた、第56回のプロ野球ドラフト会議を指します。

当初は11月5日に開催を予定していました。

しかし新型コロナウィルス感染症拡大による開幕延期により、11月も公式戦開催が続くため、試合予定のない10月26日に前倒ししての開催となっています。

このときのドラフト会議では、中日ドラゴンズは6人の選手を指名し、育成選手を3人指名します。

そしていずれの選手も入団しました。

 

球種は

髙橋宏斗さんは最速158km/hのストレートと、ツーシーム・スプリット・カットボール・スライダー・ナックルカーブ・シュートを投げます。

なお158km/hの球速は、中日球団内では日本人歴代最速であり、従来の記録だった157km/hをじつに32年ぶりに更新しています。

投球フォームはテークバックが小さく、腕の振りが速いオーバースローです。

なおルーキーイヤーは走者のいない場面では、ノーワインドアップからの投球でしたが、2年目からはセットポジションに一本化しています。

ですから中日ドラゴンズが高く評価した球種は、最速158km/hのストレートであるといえそうです。

 

兄も野球人?

髙橋宏斗さんには5つ年上の兄・伶介さんがいます。

伶介さんが7歳のときにリトルリーグで野球を始め、両親もそれについていっていたため、宏斗さんも必然的にグラウンドに向かうことになります。

伶介さんが中学生になり県内屈指の強豪・豊田シニアに入ったころ、宏斗さんは三郷ファイターズという軟式チームで野球を始めました。

やがて伶介さんは慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学に進みますが、同大学では投手陣の層が厚すぎることもあり、ベンチ入りは叶いませんでした。

そして大学卒業後は野球から離れています。

兄弟で投手だったんですね。

 

関連記事:中日・柳裕也が結婚した嫁はあげまん?成績・年棒推移を見れば分かる!

関連記事:大野雄大の嫁はあげまん?成績・年棒から分かる!元々ファンだった阪神移籍は有?

 

まとめ

以上、中日ドラゴンズの髙橋宏斗さんについてみてきました。

5つ年上の兄・伶介さんも大学まで野球を続けていたんですね。

残念ながらレギュラー陣にはなれなかったようですが。

プロ野球に進んだ宏斗さんを、伶介さんは応援しているそうです。

宏斗さんはまだ二十歳です。

これからどれだけ伸びるか楽しみな選手ですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.