スポーツ 男性アスリート

安達了一は源田が惚れるグローブさばき!引退間際から復帰まで!

投稿日:

オリックス・バファローズで遊撃手として活躍する安達了一さん。

打撃のみならず華麗な守備で人気です。

そこで今回は「安達了一は源田が惚れるグローブさばき!引退間際から復帰まで!」をテーマに調査してまとめました。

画像や動画も掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■安達 了一

・出身地:群馬県高崎市
・生年月日:1988年1月7日(34歳)
・身 長:179cm
・体 重:80kg

<選手情報>

・投球/打席:右投/右打
・ポジション:遊撃手、二塁手、三塁手
・プロ入り:2011年 ドラフト1位
・初出場:2012年5月12日
・年 俸:7000万円(2022年)

<経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)>

・群馬県立榛名高等学校
・上武大学
・東芝
・オリックス・バファローズ (2012 - )

 

<選手としての特徴>

守備は「遊撃手」というポジションへのこだわりが強く、堅実かつ大胆なプレーと守備力の高さに定評があります。

打撃では右打席から左方向へと、長打を打つなどの意外性が魅力です。

 

<年度別打撃成績>

年度 試合 打席 得点 安打 打率

2012    50  103    8    14 .159
2013  131  470  52   93  .235
2014  143  601  73  126 .259
2015  139  593  57  121 .239
2016  118  488  51  110 .273
2017  109  380  40    64 .203
2018  140  514  44  102 .219
2019    56  179  18   43 .277
2020    78  311  32   77 .289
2021  100  382  36   83 .259
2022    65  243  19   54 .262

 

<経 歴>

安達了一さんは高崎市立第一中学校への入学後に軟式野球部へ所属します。

3年時には群馬県の大会で準々決勝進出を経験しました。

群馬県立榛名高等学校への進学後は、1年時から正三塁手に定着していましたが、主将を任された2年時の秋から遊撃手に定着します。

高校からの卒業後に上武大学へ進学すると、関甲新学生野球連盟に加盟している硬式野球部へ入部しました。

3年時の秋季リーグ戦では、打率.394と最高出塁率(.535)という好成績によって、MVPとベストナインを受賞しています。

4年時の2009年には春季リーグ戦で首位打者(.425)、最多本塁打(4本塁打)、最多打点(17打点、リーグタイ記録)のタイトルを獲得しました。

大学を卒業後は東芝に入社します。

1年目からレギュラーに定着しました。

第81回都市対抗野球大会では、1番・遊撃手としてチームの優勝に貢献するとともに、大会通算で打率.391を記録するほどの活躍で若獅子賞を受賞します。

2011年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから1巡目で指名され入団しました。

 

スポンサーリンク

源田が惚れるグローブさばき

埼玉西武ライオンズで同じ遊撃手を務める源田壮亮さんは、安達了一さんのグローブさばきに惚れているという話があります。

これについてマスコミは次のように報じています。

今季のパ・リーグは、各球団の二塁手が好守で球場を沸かせた。

「パーソル パ・リーグTV」では公式YouTubeで6球団の二塁手の今季ハイライト動画を公開。

二遊間の当たりを素手で捕球してアウトにするなどしたオリックス安達了一内野手のプレーにファンから「安達の守備はほんと上手い。あの源田も尊敬するほどの守備力」「ほれぼれする」などと声があがっている。

・引用元:フルカウント 2022.10.20(https://full-count.jp/2022/10/20/post1296902/)

 

You Tubeの動画を見てみましょう。こちらです。

 

■【二塁手】好守備2022『オリックス・安達了一 編』

素晴らしい守備ですね!

ところで源田さんは本当に、安達さんのことが好きなのでしょうか。

これは本当なんです。

以前テレビ番組の中でも語っています。

いい笑顔ですね。

 

引退間際とは(怪我)

安達了一さんについてネットで検索していると、「引退間際」や「復帰」などのワードが浮上してきます。

これは一体どういうことなのでしょうか。

プロ野球選手が引退に追い込まれる原因の1つに怪我があります。

安達さんも怪我をしたのでしょうか?

じつは小さな怪我は何度かあります。

2022年9月にも肋骨を骨折してレギュラーシーズンは終了となりました。

しかし日本シリーズでは復活して存在感を見せています。

安達さんの場合は怪我ではありません。

病気なのです。

2016年1月に自主トレーニング中だった安達さんは、潰瘍性大腸炎で緊急入院します。

このときは4月には一軍復帰を果たしていますが、その後は再発を繰り返すようになります。

 

復帰について

潰瘍性大腸炎は厚生労働省が指定する難病の一種で、安倍元首相が罹患していたことでも知られています。

完治が困難な病気なので、安達了一さんは球団首脳陣と相談をしながら選手生活を続けています。

それでも結果をしっかり残していることは称賛に値します。

 

関連記事:中川圭太のオリックス年棒推移は規定打席到達で大幅アップ?弟がいた?

関連記事:杉本裕太郎の結婚相手はあげまん?成績や年棒推移を見れば分かる!

 

まとめ

以上、オリックス・バファローズの安達了一さんについてみてきました。

難病を抱えながらの活躍は素晴らしいものがあります。

打撃だけではなく守備でも光る選手ですから、これからもプレーを見せてほしいものです。

これからも応援を続けていきましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.