スポーツ 男性アスリート

熊谷敬宥は結婚してる?ドラフトは守備で何位?成績・年棒推移はこれ!

投稿日:

阪神タイガースの貴重なバイプレーヤー、熊谷敬宥さん。

意外なことに「熊谷」という名字のプロ野球選手は、彼が初めてなんだそうです。

そこでこの記事では「熊谷敬宥は結婚してる?ドラフトは守備で何位?成績・年棒推移はこれ!」をテーマに調査してまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■熊谷 敬宥

・出身地:宮城県仙台市
・生年月日:1995年11月10日(26歳)
・身 長:175cm
・体 重: 68kg

選手情報

・投球/打席:右投/右打
・ポジション:外野手、三塁手、遊撃手、二塁手
・プロ入り:2017年
・初出場:2018年5月19日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・仙台育英学園高等学校
・立教大学
・阪神タイガース (2018 - )

 

熊谷 敬宥(くまがい たかひろ)さんは宮城県仙台市出身のプロ野球選手です。

右投右打で阪神タイガースに所属しています。

仙台育英高校への進学後に硬式野球部へ入部すると、2年時(2012年)夏の全国高等学校野球選手権大会から、春夏を通じて3季連続で甲子園球場の全国大会に出場しました。

 

立教大学への進学後は、2年春から東京六大学のリーグ戦に出場すると、3年春から「2番・遊撃手」に定着します。

在学中にはリーグ戦通算61試合の出場で、打率.220、1本塁打、12打点という成績を残しています。

 

スポンサーリンク

結婚してる

熊谷敬宥さんはまだ結婚していません。

熱愛報道もないので彼女もいないようです。

熊谷さんは理想の女性について、次のように語っています。

エラーするとスタンドに向かっての声出しが課されるゴロ捕球。

1度目は「熊谷敬宥です!以上です!」と、ド直球の自己紹介で少しスタンドを沸かせたが、2度目のミス後にさらに本領発揮だ。

「戻ってきました!好きな女性のタイプは、笑顔が素敵な女性です!」

そう叫ぶと、約100人のファンから拍手と大歓声が。

引用元:スポニチアネックス 2018年1月13日(https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/13/kiji/20180113s00001173406000c.html)

ドラフトは何位?

熊谷敬宥さんは2017年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから3巡目で指名されます。

契約金6,000万円、年俸1,000万円(年俸は推定)という条件で入団しました。

背番号は4で仮契約の際に球団から、スイッチヒッターへの転向を打診されたため、入団後は右投両打で登録されています。

 

守備で評価

熊谷敬宥さんは手動計測ながら50m走で、最速5秒8を記録したほどの俊足と、遠投115mを記録したほどの強肩の持ち主です。

内野の全ポジションを守れるほか、高校時代や阪神入団後の2021年以降は、公式戦で外野の守備にも就いています。

守備面では遊撃での堅実な守備への評価が高いものとなっています。

阪神入団時の一軍コーチだった高代延博さんは、内野ゴロに対する熊谷の捕球体勢を「井端弘和に匹敵するほど良い」と評しています。

井端弘和:現役時代に「遊撃守備の名手」と呼ばれた。

 

走塁で評価?

熊谷敬宥さんは盗塁に関しては前述した俊足ならではのスピードに加えて、ベース際でのスライディングの強さを意識しているそうです。

大学時代には10~15試合に10個のペースで盗塁を成功させています。

 

成績

熊谷敬宥さんの年度別打撃成績と、年度別守備成績(二塁)は次の通りです。

 

■年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 得点 安打 打率

2018 阪神 19  18   10  3  .231
2020 阪神 38  17    6   5  .313
2021 阪神 73   6   13   0  .000

 

■年度別守備成績(二塁)

年度 球団 試合 刺殺 捕殺 守備率

2018 阪神 3     1  1     .667
2020 阪神 7     5  8     .929
2021 阪神 3     1  1   1.000

 

年棒推移

熊谷敬宥さんの年俸の推移は次の通りです。

 

■年俸推移

年度 球団 年俸

2017 阪神 6000万円(契約金)
2018 阪神 1000万円
2019 阪神 1000万円
2020 阪神 900万円
2021 阪神 1000万円
2022 阪神 1300万円

 

まとめ

以上、阪神タイガースの熊谷敬宥さんについてみてきました。

守備がしっかりしており、その俊足から代走も任されますが、打撃に関してはもう一声といったところでしょうか。

これからも活躍してほしい選手ですね。

さて今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.