スポーツ 男性アスリート

古橋亨梧のセルティックでの活躍で海外反応が凄い!年棒推移や移籍金に驚き!

投稿日:

スコットランドのセルティックFCで大活躍を見せている古橋亨梧さん。

クラブのスコティッシュリーグカップ優勝に大きく貢献しました。

そこで今回は「古橋亨梧のセルティックでの活躍で海外反応が凄い!年棒推移や移籍金に驚き!」をテーマに調査してまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

https://twitter.com/ALIEL_Football/status/1472687516583186442

■古橋 亨梧

・本 名:古橋 匡梧
・生年月日:1995年1月20日(26歳)
・出身地:奈良県生駒市
・身 長:170cm
・体 重:63kg

選手情報

・在籍チーム:セルティックFC
・ポジション:FW
・背番号:8
・利き足:右足

 

 

ユース

・桜ヶ丘FC
・アスペガス生駒FC
・興國高校
・中央大学

クラブ

・2017-2018:FC岐阜
・2018-2021:ヴィッセル神戸
・2021-  :セルティックFC

古橋 亨梧(ふるはし きょうご)さんは奈良県生駒市出身のプロサッカー選手です。

ポジションはFWでスコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFCに所属しています。

日本代表選手です。

 

スポンサーリンク

サッカーを始めてプロに入るまで

古橋亨梧さんは桜ヶ丘FCでサッカーを始めます。

そしてアスペガス生駒FC、興國高校、中央大学を経て全日本大学選抜に選出されました。

4年時にはプロ入りを目指し複数のJクラブの練習に参加するものの、なかなかオファーをもらえず一時期はプロ入りを諦めようとしたそうです。

しかし最終的にはFC岐阜に内定します。

 

プロ入り後は

古橋亨梧さんは2017年にJ2・FC岐阜へ加入しました。

大木武監督に開幕から全試合スタメンとして起用されます。

2018年は第13節から5試合連続ゴールと好調で5月の月間MVPを受賞しています。

同年の7月末までに11得点を記録しました。

そして2018年8月にJ1・ヴィッセル神戸に完全移籍をします。

同年8月11日に行われたジュビロ磐田戦では加入2試合目で移籍後初先発を果たすと、後半11分に移籍後初ゴールを挙げます。

その後もレギュラーとして活躍し約半年間で13試合5得点という成績を残しました。

2019年シーズンも好調でシーズン終了後にJリーグ優秀選手賞を受賞しています。

 

2020年シーズンは背番号を『11』に変更します。

このシーズンはリーグ戦30試合12得点を挙げ、2年連続でJリーグ優秀選手賞を受賞しました。

2021年4月7日の第8節の大分トリニータ戦では3試合連続ゴールを決めます。

同年の6月23日に行われた第19節の横浜FC戦でプロ入り初のハットトリックを決めています。

 

セルティックでの活躍

2021年7月16日にスコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFCへの完全移籍についてクラブ間で合意したことが発表されました。

同年8月1日に行われた開幕節のハーツ戦に途中出場し移籍後初出場を果たします。

続く8月5日のUEFAヨーロッパリーグ予選のFKヤブロネツ戦で移籍後初先発で初ゴールを決めました。

8月8日のリーグ戦初先発となったセルティックパークデビュー戦のダンディーFC戦でハットトリックを達成します。

10月27日に行われた第11節のハイバーニアンFC戦では今季10得点目をきめて勝利に貢献しました。

12月19日のスコティッシュリーグカップ決勝ハイバーニアンFC戦では、1点先制されている状況から2ゴールを決め、チームを勝利に導きリーグカップ優勝を果たしています。

 

海外の反応

古橋亨梧さんのセルティックでの活躍についてBBCは「このアジア人が決勝戦で見せた見事な活躍はセルティックの伝説となるだろう」と評しています。

またセルティックのサポーターからは次のような声が上がっています。

「キヨゴを入れてくれてありがとう。今年のクリスマスは完璧だ」
「キヨゴ…いつも一流の品格を漂わせる」
「スコットランドで一番の選手が見られて嬉しい」

称賛されていますね!

 

年棒推移

古橋亨梧さんの年俸の推移は次の通りです。

■年俸推移

年度 クラブ 年俸

2017 岐阜 300万円
2018 岐阜 300万円
2019 神戸 1000万円
2020 神戸 3000万円
2021 神戸 3000万円
2021 セル 1億4000万円

 

※岐阜=FC岐阜、神戸=ヴィッセル神戸、セル=セルティックFC

セルティックFC移籍後は1億円プレーヤーになっています。

 

移籍金に驚き

古橋亨梧さんがセルティックFCに移籍した際の条件は4年契約で移籍金は540万ユーロ(約6億5000万円)でした。

これは日本人サッカー選手の歴代移籍金ランキングでは16位となります。

ちなみにイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンが古橋さんに興味を示しており、移籍金については3000万ポンド(約45億円)との報道も出ています。

サッカー選手の移籍金は100億円超えも珍しくはありませんが、それでも45億円とは恐れ入るばかりですね。

 

終わりに

以上、古橋亨梧さんについて見てきました。

欧州のサッカー選手の移籍金は高額で驚かされます。

古橋さんは渡英して半年ほどですがすでに45億円という評価をされています。

実際に移籍するかどうかはクラブ間で合意する必要がありますが、セルティックFCもそうたやすくは手放さないでしょう。

そうなると移籍金はさらに跳ね上がるかもしれません。

プレーも含めて古橋さんからは目が離せませんね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.