スポーツ 男性アスリート

大田泰示の移籍先は中日?広島?巨人?年棒がネック?

更新日:

北海道日本ハムファイターズで右の長距離砲として存在感を示していた大田泰示さん。

西川遥輝さんや秋吉亮さんとともにまさかの放出となりました。

そこで今回は「大田泰示の移籍先は中日?広島?巨人?年棒がネック?」をテーマに調査してまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■大田 泰示

・出身地:広島県福山市
・生年月日:1990年6月9日(31歳)
・身 長:189cm
・体 重:98kg

選手情報

・投球/打席:右投/右打
・ポジション:外野手
・プロ入り:2008年 ドラフト1位
・初出場:2009年6月21日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・東海大学付属相模高等学校
・読売ジャイアンツ (2009 - 2016)
・北海道日本ハムファイターズ (2017 - 2021)

 

大田 泰示(おおた たいし)さんは広島県福山市出身のプロ野球選手です。

2008年度ドラフト会議で読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスの2球団から1位指名を受け抽選の結果、読売ジャイアンツが交渉権を獲得しました。

契約金1億円、年俸1200万円で契約します。

 

スポンサーリンク

何故、日本ハムを自由契約になった?

2021年11月16日に北海道日本ハムファイターズは、海外FA権を持つ西川遥輝さん・国内FA権を持つ大田泰示さんと秋吉亮さんの3名の選手と、来季の契約を提示せず保留手続きを行わないと発表しました。

 

この理由について同球団の稲葉篤紀GMは「選手にとって制約のない状態で海外を含めた移籍先を選択できることが重要と考えた結果です」とコメントしています。

これはメジャーでは「ノンテンダー」と呼ばれる保有権の放棄で、3名の選手は自由契約となり他球団と自由に移籍交渉を行う事が可能になります。

 

関連記事:西川遥輝の移籍先はメジャー?巨人?阪神?肩弱いのがポイント!

関連記事:秋吉亮は戦力外で移籍先はない?これまでの成績と年棒推移に驚き!

 

移籍先は

大田泰示さんの獲得には複数の球団が動いているといわれています。

横浜DeNAベイスターズや中日ドラゴンズ。

広島東洋カープや古巣である読売ジャイアンツの名前が囁かれていますが、いまのところ確定はしていません。

ここからは中日、広島、巨人の3球団への移籍の可能性をそれぞれ探っていきましょう。

 

中日の場合

大田泰示さんは2021年のシーズンは打撃不振に苦しみましたが、2020年までは安定した打撃を見せ右の長距離砲として存在感を示しています。

中日ドラゴンズは貧打が深刻なので打撃力に期待がかかるでしょう。

ポジションは北海道日本ハムファイターズ時代と同様の外野手で打順は4番を任される可能性があります。

 

広島の場合

広島東洋カープは4番を受け持っていた鈴木誠也さんが来季からメジャーに挑戦します。

この穴埋めとして大田泰示さんに興味を持っていると伝えられています。

そうなると中日と同様に外野手で打順は4番ということになります。

広島でも期待されるのは右の長距離砲としての活躍でしょう。

 

巨人に出戻りあり?

大田泰示さんは2009年から2016年まで読売ジャイアンツに所属していました。

古巣への復帰の可能性はあるのでしょうか。

大田さんが右の長距離砲として覚醒したのは北海道日本ハムファイターズに移籍して以降のことです。

そして大田さん自身は巨人時代についてはあまりいい思い出がないようです。

巨人時代について大田さんは次のように語っています。

 

「いろいろな方から様々な忠告を受け、頭がパニック状態でした。自分を見失い、結果を出せない。必要以上に落ち込んだり、ふてくされた態度をとったこともあります」

「当時の岡崎郁2軍監督から『あんまり腐るなよ』と声をかけられ、他の選手に見られないようにベンチ裏で悔し涙を流したことも一度だけではありません。どん底でした」

「巨人での8年間は自分自身との戦いでした。もう二度とツラい思いをしたくない」

引用元:Yahooニュース 2021 11/23(https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad29b37c0a95beb7accd346512d5074c04b9edb)

 

球界関係者からは巨人が取りに行く可能性はあるといわれていますがこれでは難しいかもしれません。

仮に巨人に移籍した場合には手薄な外野手の補強と打撃力が期待されるでしょう。

 

年棒がネック?

大田泰示さんは北海道日本ハムファイターズから「ノンテンダー」と呼ばれる保有権の放棄で自由契約となりました。

この形での放出は必ずしも前期の年俸を保証する必要はありません。

一部では2021年の年俸1億3千万円が高いので他球団は取りづらいのでは?といわれていますがそれは間違いです。

当人と球団が折り合えばいいだけの話で、大田さんも年俸が下がるのは織り込み済みのはず。

ですから複数の球団が獲得に動いているわけです。

 

まとめ

以上、大田泰示さんについて見てきました。

移籍先ですが中日か広島で落ち着く可能性が高いでしょう。

古巣の巨人では原監督が大田さんへの思い入れが強いといわれていますが、大田さんの巨人アレルギーは相当なものなので、移籍は無いと思われます。

それにしても日本ハムの新庄監督も思い切ったものです。

来季はどんな采配を見せてくれるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.