男性芸能人

カズレーザーの学歴・高校時代、大学時代はどんな学生だった?社会人になってからは?

更新日:

今やバラエティ番組には欠かせない存在となったカズレーザーさん。

金髪で全身赤というスタイルもすっかり定着しています。

元々、アニメの『コブラ』の影響からだそうですが、いつからこのスタイルなんでしょうか。

またクイズ番組では成績が良いことでも知られますが、高校や大学はどこに通ったのでしょう。

そこで今回はカズレーザーさんについて調査しまとめました。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

プロフィール

・カズレーザー

本 名:金子 和令(かねこ かずのり)
生年月日:1984年7月4日(35歳)
出身地:埼玉県加須市
血液型:O型
身 長:180cm

出 身:TOKYO☆笑BIZ 4期生
コンビ名:フルハウス(解散)メイプル超合金(2012年8月 - )
相 方:東口宜隆(フルハウス)安藤なつ(メイプル超合金)
芸 風:漫才・コント(ボケ)
立ち位置:右
事務所:サンミュージックプロダクション
活動時期:2007年 -
同 期:尼神インター、山崎ケイ(相席スタート)
弟 子:なかがわりょう

 

カズレーザーさんはお笑いタレントです。

メイプル超合金のボケ担当で埼玉県加須市出身。

クイズを得意としており、芸人たちからはカズと呼ばれることが多いそうです。

サンミュージックプロダクションに所属しています。

赤い服に金髪がトレードマークで兄と妹がいます。

実家はイチゴ農家です。

 

スポンサーリンク

高校時代はどんな学生だった?

カズレーザーさんは加須市立加須北中学校を卒業後、埼玉県立熊谷高等学校に進学しています。

同校は偏差値が67と高く進学校として知られています。

また校風が自由なことでも知られ制服はありません。

ですからカズレーザーさんは現在と同じ全身赤い服で登校していたそうです。

ついたあだ名は当然のように「レッド」。

自身でもそう呼んでいたそうです。

ただし近所の小学生からは「血だるまババア」と呼ばれていたことをワイドショーで明かしています。

当時から金髪で長髪だったことが災いしたのかも知れません。

部活動はしていませんがフットサル同好会には入っていたそうです。

 

・埼玉県立熊谷高等学校

所在地:〒360-0812 埼玉県熊谷市大原1丁目9-1
電 話:048-521-0050
偏差値:67

 

大学時代はどんな学生だった?

埼玉県立熊谷高等学校を卒業したカズレーザーさんは、同志社大学商学部に進学しました。

カズレーザーさんは同大学に進学した理由について、インタビューで次のように語っています。

 

「もともと一人暮らしをしたいと思っていて、自宅(埼玉県)から遠くにある大学に行きたかったんですよ。でも、試験勉強は嫌いで。同志社大学はセンター試験で最初に受かったのですが、そのあとは緊張の糸が切れてしまって、そのまま同志社大学に決めました」

引用元:東洋経済(https://toyokeizai.net/articles/-/153921)

 

カズレーザーさんは入学したその日に喜劇研究会に入ります。

そして大学時代はサークル活動漬けだったことも明かしています。

また家庭教師のアルバイトをしたこともあるそうですが、全身赤で金髪という出で立ちで現れたため、信用されずにすぐに首になったそうです。

そのためお金がなくなって家賃が払えず住む場所を失ったこともあるんだとか。

 

「家賃が払えず住む場所がなくなってしまって、大学の部室でこっそり暮らしていたことがあります。半年くらい家がなかったのですが、部室で暮らしたことで、どこでも寝られるようになりましたね」

引用元:東洋経済(https://toyokeizai.net/articles/-/153921)

 

喜劇研究会では『さらば青春の光』の東口宜隆さんとコンビを組み『フルハウス』として活動していました。

『フルハウス』は大学内の漫才大会では常に1位でしたが、2003年に出場したM-1グランプリでは1回戦で敗退します。

そのため『フルハウス』は大学卒業とともに解散しました。

 

・同志社大学商学部

所在地:〒602-0893 京都府京都市上京区 今出川烏丸東入
電 話:075-251-3660
偏差値:65

 

社会人になってからは?

カズレーザーさんは大学卒業後の就職では、ある銀行に内定していました。

しかしこれを辞退して芸人を目指します。

理由については「とにかく働きたくなかった」と語っています。

芸人を目指すことを決めた理由は、芸術家など何になるかを色々考え、消去法でたどり着いた結論が芸人だったんだとか。

4月になってから芸人になることを決めたため、どこの養成所も締切になっていた中で、まだ募集中であった「TOKYO☆笑BIZ」を選び、4期生として入学します。

 

そして「TOKYO☆笑BIZ」卒業後、サンミュージック所属となってピン芸人としてデビューを果たします。

しかしピン芸人時代はまるで売れず、ついに事務所から「このままスベり続けて死ぬのか、コンビを組むか選べ」と言われ、死ぬのは嫌だったため『メイプル超合金』を結成しました。

以降、コンビとして、ピン芸人として活躍中です。

 

関連記事:ロザン宇治原が京大現役合格した高校時代の勉強法が凄い!IQと親の仕事に驚き!

 

終わりに

以上、カズレーザーさんについて見てきました。

高校、大学ともに優秀だったんですね。

クイズ番組での正解率の高さも頷けます。

それにしても社会人(サラリーマン)経験がほとんど無いというのも驚きました。

もしかしたら芸人になるべくして生まれて来た方なのかも知れません。

高校時代から現在に至るまで、全身赤で金髪という人は他にいませんから。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性芸能人

Copyright© off time , 2020 All Rights Reserved.