スポーツ 男性アスリート

則本昴大の嫁はあげまん?成績と年棒推移から読み取れる!

投稿日:

東北楽天ゴールデンイーグルスで投手として活躍する則本昂大さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

野球バカ(へたくそ)(@baseballlover2141)がシェアした投稿 -

まだ28歳の若さですが、既に二人の娘を持つ父親です。

そんな則本昂大さんの嫁はどんな方なんでしょうか。

あげまんなんでしょうか。

それは則本昂大さんの成績や年俸の推移を見ればわかるはずです。

では、早速見ていきますね。

どうぞ最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

嫁はあげまん?

則本昂大さんの嫁はあげまんなんでしょうか。

まずは嫁のプロフィールをチェックしてみましょう。

そして馴れ初めや2人にお子さんがいるのかどうかも見ていきたいと思います。

あげまんか否かについては、結論から言うとあげまんです。

その理由は、あとで出てくる年棒推移と成績で読み取ることができます。

 

嫁のプロフィール

藤本紋華

生年月日:1991年生(28歳)
身 長:158cm
職 業:専業主婦
家 族:夫・長女・次女

 

則本昂大さんの嫁・藤本紋華さんは、身長158cmのスリムな体型で、柴咲コウさんや倉持明日香さんに似ているそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿 -

写真は柴咲コウさんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山口照洋(MINX)a.k.a AKKY(@akkydirty)がシェアした投稿 -

写真は倉持明日香さんです。

 

一般女性の方なので画像は公開されていませんが、かなりの美人と評判だそうです。

 

二人の出会いは?

二人の最初の出会いは滋賀県立八幡商業高等学校時代に遡ります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kanako(@kanagoldenmask)がシェアした投稿 -

藤本紋華さんは野球部のマネージャーで学年は1つ下でした。

しかし高校時代は恋人関係ではなく、大学時代に野球部の同窓会で再会して、則本昂大さんが交際を申し込んだことから交際がスタートします。

2012年7月のことでした。

それから約1年半後の2013年12月24日に婚姻届けを出しています。

プロ入り僅か1年目で15勝も挙げて、新人王も取得しました。

まさに両手に華でしたね。

交際を始めてプロ入り後すぐに大活躍していますので、嫁(奥さん)は明らかにあげまんですね。

 

二人に子供は?

則本昂大さんと紋華さんの間には2人のお嬢さんがいます。

第一子となる長女は2016年3月8日生まれ。

第二子となる次女は2018年9月26日に生まれています。

まだ4歳と1歳半ですから可愛い盛りですね。(2020年3月19日時点)

 

スポンサーリンク

則本昴大のプロフィール

・則本昂大

出身地:滋賀県犬上郡多賀町
生年月日:1990年12月17日(29歳)
身 長:178cm
体 重:82kg

 

選手情報

投球・打席:右投左打
ポジション:投手
プロ入り:2012年 ドラフト2位
初出場:2013年3月29日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

滋賀県立八幡商業高等学校
三重中京大学
東北楽天ゴールデンイーグルス (2013 - )

 

則本 昂大(のりもと たかひろ)さんは、滋賀県犬上郡多賀町出身のプロ野球選手(投手)です。

右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しています。

8試合連続2桁奪三振のNPB記録保持者で、2019年には楽天と7年の大型契約を結び、生涯楽天宣言をしています。

弟は同じく楽天に所属する則本佳樹さんです。

 

2013年、新人選手で唯一、一軍キャンプのメンバーに参加します。

3月29日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦でプロ入り初登板・初先発を果たしましたが、新人の開幕投手は1984年の高野光さん以来29年振りで、パシフィック・リーグでは1958年の杉浦忠さん以来55年振りとなります。

 

則本昂大さんは6回1/3を投げ4失点で敗戦投手となってしまいます。新人の開幕投手で敗戦を喫したのは、1950年の成田啓二さん、1962年の城之内邦雄さん以来51年ぶり史上3人目で、パシフィック・リーグでは初となります。

 

これまでの成績

則本昂大さんの年度別投手成績は以下の通りです。

・年度別投手成績(2013年から2019年まで球団は楽天です)

年度  登板 防御率 三振 勝数 負数

2013  27  3.34  134  15  8
2014  30  3.02  204  14 10
2015  28  2.91  215  10 11
2016  28  2.91  216  11 11
2017  25  2.57  222  15  7
2018  27  3.69  187  10 11
2019  12  2.78    67   5   5

通算 177  3.05  1245 80 63

三振は1試合当たり7個獲っています。

7年間で80勝していますから、平均すると毎年11勝以上しています。

2019年は怪我の影響で12試合の登板に終わってしましたが、2018年までは大車輪の活躍でした。

2020年は巻き返しを期待できると思います。

 

年棒推移

則本昂大さんの年俸の推移は以下の通りです。

  年度 球団   年俸

2012 楽天      7000万円(契約金)
2013 楽天      1200万円
2014 楽天      6000万円
2015 楽天 1億2000万円
2016 楽天 1億5000万円
2017 楽天 2億円
2018 楽天 2億5000万円
2019 楽天 2億5000万円
2020 楽天 3億円

 

入団から3年で1億円プレーヤーになっています。

ほぼ毎年のように年棒アップしていますね。

凄いですね!

このことからも嫁(奥さん)のあげまんは続いていますね。

 

おわりに

則本昂大さんは2013年12月24日、東北楽天ゴールデンイーグルス入団1年目の23歳の時に入籍しています。

そしてその翌年からの年俸の伸びは凄いことになっています。

これだけ見ても嫁の藤本紋華さんは、あげまんだと言えるでしょう。

一時期はメジャー行きが囁かれていた則本昂大さんですが、東北楽天ゴールデンイーグルスと長期契約を結び生涯楽天宣言をしました。

楽天ファンにとっては朗報ですが、他球団にとっては頭痛の種となるかも知れません。

今後の活躍も期待できるでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2020 All Rights Reserved.