男性芸能人

葉加瀬太郎・エトピリカってどういう意味?葉加瀬太郎は作曲もする!

投稿日:

『エトピリカ』って知っていますか?『情熱大陸』のエンドテーマ曲ですが、一体どういう意味でしょうか。

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E8%91%89%E5%8A%A0%E7%80%...

作曲者はバイオリニストの葉加瀬太郎さん。

今回は曲名の意味や葉加瀬太郎さんの他の楽曲について調べてみました。

合わせて葉加瀬太郎さんについてもいろいろ調べてみたのでお読み下さい。

スポンサーリンク

エトピリカの意味って何?

『etupirka エトピリカ』は1998年4月からTBS系列で放送されているドキュメンタリー番組『情熱大陸』のエンディングテーマ曲です。

曲名の『エトピリカ』の意味はチドリ目(もく)・ウミスズメ科の海鳥のことを指します。

引用元:http://www.ehhon.com/etopirika/page/pirika01.html

アイヌ語で「エト」は「くちばし」、「ピリカ」は「美しい」を意味していて、全体で「くちばしが美しい鳥」を意味する言葉になります。

生息地は、北海道東部の厚岸町大黒島、浜中町霧多布(キリタップ)小島、根室市ユルリ島、モユルリ島などです。

但し生息数は年々減少しており環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

演奏は難しい?初心者には無理?

『etupirka エトピリカ』は簡単そうに聴こえます。バイオリンの初心者でも弾けるんでしょうか。

メロディーラインだけを聞くとそれほど難しい技巧を駆使した曲ではありません。

でもただ弾くだけならなんとかなるのですが、音楽性豊かに表現しようとすると、とても難しくなるタイプの曲ですね。

引用元:https://ameblo.jp/j-brahms/entry-12103212930.html

こちらがエトピリカの楽譜で最初のところです。見にくいですがⅠ、ⅡとあるうちのⅠがバイオリンで弾ているところです。

確かにリズムもメロディもそれほど難しくありません。あとはこのシンプルな曲をどれほど美しく歌えるかという事になってきますから初心者でも弾ける人はいるでしょう、というところです。

(初心者・中級・上級で考えてみました。)

葉加瀬太郎さんは4歳からバイオリンを始めているプロの方ですから簡単そうに弾いていますが、素人で人に聴かす演奏をすることは難しいと言えます。

初心者でも歌心のある人なら弾けるかも。

葉加瀬太郎が作曲したの?

『etupirka エトピリカ』を作曲したのは誰なんでしょうか。

じつは葉加瀬太郎が自ら作曲した曲なんです。

葉加瀬太郎さんが『情熱大陸』の取材を受けている時、ちょうどこの曲の作曲中で、曲を聴いたプロデューサーに気に入られてエンディングテーマ曲となりました。

プロデューサーからはオープニングテーマ曲の依頼も受けます。

その時に「曲の最初の30秒でバシッと心に響くメロディ」で「1週間ぐらいで作成してほしい」と言われたため、曲作りに悪戦苦闘したそうです。

葉加瀬太郎はこの曲も作曲してる? Beyond the Sunset

『Beyond the Sunset』は、関西テレビで放送されていたニュース番組『FNNスーパーニュースアンカー』のテーマ曲として、2006年から2012年まで使われていました。

葉加瀬太郎さんと石坂慶彦さんの共同作曲で、編曲は石坂慶彦さんが担当。バイオリンは功刀丈弘(くぬぎたけひろ)さんが演奏しています。

壮大なオーケストレーションにのせて奏でられるバイオリンの旋律は聴くものの心を奪います。

吹奏楽にもアレンジされていて、高等学校の吹奏楽部で演奏されることもあります。

功刀丈弘さんのライブでは、ギターとバイオリンというシンプルな構成で演奏されています。(この動画はこちらのバージョンです)

葉加瀬太郎あれこれ

・葉加瀬太郎さんは1968年生まれの50歳。大阪府吹田市の出身です。

4歳からバイオリンを習い始め、中学2年の時に西日本コンクールで2位となります。

高校は京都市立堀川高等学校音楽科に進み、卒業後、東京芸術大学音楽学部器楽学科バイオリン専攻に進学しますが中退しています。

大学在学中に『クライズラー&カンパニー』でデビュー。人気を博しますが1996年に解散します。

以降はソロ活動となり1996年にはセリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加します。

私生活では1999年にタレントの高田万由子と結婚。二児の父となり現在はロンドンに在住しています。

・大の釣り好きで九州地方を拠点として活動しているユーチューバーのグループ『釣りよかでしょ』をフォローしています。

そのうちフォローするだけでは飽き足りなくなり、自らオファーを出して『釣りよかでしょ』に出演。視聴者を驚かせます。

・サッカーも好きでFAプレミアリーグの中ではアーセナルFCのファン。

・高田万由子さんとの出会いは、『クライズラー&カンパニー』のファンだった高田さんが、メンバーに会いに行ったことから。

高田さんのお目当ては別のメンバーでしたが、葉加瀬太郎さんが一目惚れしてしまい、熱心なアプローチが始まったそうです。

まとめ

・『エトピリカ』の意味はチドリ目・ウミスズメ科の海鳥のことを指す。アイヌ語で「エト」は「くちばし」、「ピリカ」は「美しい」を意味していて、全体で「くちばしが美しい鳥」を意味する言葉になる。

・『etupirka エトピリカ』は簡単そうに聴こえるが実は難かしい曲である。演奏バージョンによっては可能かも。

・『etupirka エトピリカ』の作曲者は葉加瀬太郎。この曲を作曲中に『情熱大陸』の取材を受けた。これが縁となり番組のエンドテーマ曲となったが、同時にオープニングテーマ曲の依頼も受ける。

・ニュース番組『FNNスーパーニュースアンカー』のテーマ曲『Beyond the Sunset』は葉加瀬太郎さんと石坂慶彦さんの共同作曲で、編曲は石坂慶彦さんが担当している。

・葉加瀬太郎さんの妻はタレントの高田万由子さん。葉加瀬太郎さんの一目惚れで熱心なアプローチを受けて結婚。一男一女の父親で現在はロンドンに在住している。

抜群の演奏テクニックと優しい人柄で人気の葉加瀬太郎さん。絵が上手いことでも知られています。

感性が鋭く、曲を聴くと作曲者がゲイかどうかわかったり、ネット上に上げられている料理の画像を見て、その店が美味しいかどうか分かるんだそうです。天才っていろいろ凄いですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性芸能人

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.