スポーツ 男性アスリート

小川泰弘の嫁はサランヘヨが分かる韓国人?身長は低いが創価大学時代から大活躍?

更新日:

東京ヤクルトスワローズで投手として活躍する小川泰弘さん。

リーグ優勝にも大きく貢献しました。

そこで今回は「小川泰弘の嫁はサランヘヨが分かる韓国人?身長は低いが創価大学時代から大活躍?」をテーマに調査してまとめました。

画像も複数掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■小川 泰弘

・出身地:愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)
・生年月日:1990年5月16日(32歳)
・身 長:171cm
・体 重: 80kg

<選手情報>

・投球/打席:右投右打
・ポジション:投手
・プロ入り:2012年 ドラフト2位
・初出場:2013年4月3日

<経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)>

愛知県立成章高等学校
創価大学
東京ヤクルトスワローズ (2013 - )

 

小川 泰弘(おがわ やすひろ)さんは、愛知県渥美郡田原市出身のプロ野球選手です。

右投右打で東京ヤクルトスワローズに所属しています。

小川さんは5人兄弟の末っ子として生まれました。

小3から野球を始め田原市立赤羽根中学校時代は、軟式野球部に所属しエースとしてチームを県大会出場に導きます。

成章高校に進学後、2年冬には愛知県選抜として日米親善試合に出場しました。

3年春には21世紀枠でセンバツに出場し、1回戦で駒大岩見沢を3-2で下し、創部103年目で甲子園での初勝利を飾りました。

夏の甲子園は東愛知大会決勝戦で大府高校に1対3で敗退しています。

高校卒業後は創価大学に進学。

同大野球部で活躍し2012年のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け入団します。

 

スポンサーリンク

嫁について

小川泰弘さんは32歳です。

結婚していると思われますが、嫁はどんな女性なのでしょう。

プロフィールや馴れ初めが知りたいところです。

また一部では韓国語の「サランヘヨ」がわかる、韓国人なのではないかともいわれています。

どうなのでしょうか。

順を追ってみていくことにしましょう。

 

嫁のプロフィール

いつまで引っ張っても何なので、結論を先にいいましょう。

小川泰弘さんは独身です(笑)。

ですから嫁も子供もいません。

ただし過去に2度ほど週刊誌に熱愛報道が出ています。

最初はこの方です。

結婚間近と伝えられましたが破局しています。

https://twitter.com/A9Nkx/status/1606247488591368192

■三上 真奈

・愛 称:ミカパン
・出身地:東京都
・生年月日:1989年4月7日(33歳)
・身 長:157cm
・血液型 O型
・最終学歴:早稲田大学商学部
・勤務局:フジテレビジョン
・部 署:編成制作局 アナウンス室

 

三上 真奈(みかみ まな)さんは、フジテレビアナウンサーです。

女子アナと野球選手のカップルは、一昔前には多かったのですが、最近ではあまり聞きません。

三上さんは小川さんと破局した後、2021年1月16日に30代の一般男性と結婚したことを発表しました。

2人めは一般女性の方です。

画像はこちらです。

こちらの女性は日本テレビアナウンサーの、水卜麻美さんに似た感じの美女だったのだそうです。

しかし続報はなく交際していたのかはわかりません。

 

馴れ初め

小川泰弘さんと三上真奈さんは2016年3月に、知人の紹介で知り合います。

そして同年4月から交際をスタートさせました。

しかし2017年8月に2人の交際がスポーツ紙によってスクープされると、徐々に関係が悪化しやがて破局を迎えます。

2人めの一般女性の方とは、合コンで知り合っています。

ただし前述の通り続報はないので、交際まで至ったのかについては不明です。

 

サランヘヨが分かる韓国人?

これについては誤解があるようです。

東京ヤクルトスワローズは2022年9月25日に、神宮球場で横浜DeNAベイスターズを下して、リーグ優勝を果たしました。

試合後はグランドで優勝を祝した恒例のビールかけが行われ、選手会長の小川泰弘さんが乾杯の音頭を取ります。

そしてマイクを持った小川さんは次のように発言します。

「ファンにひとこと言っていいですか?」

「神宮球場にお集まりのファンの皆さん、そして全国のファンの皆さん、ありがとうございました。

僕たちスワローズは皆さんの愛に見守られてこれからも高く飛び続けます。

ファンの皆さんサランヘヨ、乾杯」

そう。

韓国語で「愛しています」と発言したんですね。

この件は韓国でも話題になり、多くの韓国メディアに取り上げられました。

 

しかしなぜ小川さんは韓国語で話したのでしょうか。

じつは小川さんは韓流ドラマの大ファンで知られています。

そこでこの発言が飛び出しただけなんですね。

嫁が韓国人だから韓国語で「愛しています」といったわけではありません。

 



身長は低い

日本のプロ野球選手の身長と体重の平均は、身長が180.6cmで体重は84.9kgです。

そのうち投手502人は、181.9cmと85.5kgという結果が出ています。

小川泰弘さんは身長171cmで体重は80kgです。

ですから平均よりも10cm低く、5kg軽いということになります。

 



創価大学時代からプロ入り後も大活躍

小川泰弘さんは高校を卒業後は創価大学に進学します。

同大では1年秋から東京新大学リーグ戦に出場しました。

明治神宮野球大会の関東代表決定戦では先発し、東海大学相手に投げ勝ちました。

2年次の春からは主戦投手となります。

3年次の夏にノーラン・ライアンの『ピッチャーズ・バイブル』に出会い、メジャーリーガーばりの豪快なフォームへと変更しました。

3年秋にはリーグ新記録となる防御率0.12を記録します。

4年春の東京学芸大学戦では、リーグ史上8人目となるノーヒットノーランを達成しました。

フォームを変更した3年秋以降はリーグ戦で、無傷の21連勝を達成しています。

リーグ通算成績は36勝3敗、防御率0.60。リーグMVPを5回受賞しています。

 

なおプロ入り後の年度別投手成績は次の通りです。

■年度別投手成績

年度  登板 防御率 三振 四球

2013 26   2.93  135  45
2014 17   3.66  108  22
2015 27   3.11  128  48
2016 25   4.50  114  52
2017 22   2.83  109  39
2018 18   2.75    94  24
2019 26   4.57  132  36
2020 20   4.61    83  29
2021 23   4.14    97  30
2022 25   2.82    91  32

2022年はなかなかの好成績を残しています。

 



身長低いが何故勝てる?

小川泰弘さんの選手としての特徴は、上背こそないもののノーラン・ライアンを参考にした、左足を大きく上げるダイナミックな投球フォームから「和製ライアン」とも呼ばれています。

 

オーバースローから平均球速約141km/h、最速151km/hのフォーシーム、130km/h台後半のカットボール、120km/h台後半のスライダー、130km/h前後のフォーク、120km/h台中盤のチェンジアップなどを投げます。

 

稀にカーブやツーシームを混ぜることもあります。

2022年よりチェンジアップを110km/h前後の、さらにブレーキの効いた特殊球へと改良しました。

多彩な球種と緩急をつけた投球で、相手打者を打ち取っています。

これが勝てる要因です。

 



まとめ

以上、小川泰弘さんについてみてきました。

小柄ながらもダイナミックな投球フォームが持ち味のピッチャーです。

大学時代からプロ入り後まで、安定した活躍を見せています。

今シーズンはリーグ優勝に大きく貢献しました。

来シーズンも楽しみな選手の1人ですね。

応援しましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2023 All Rights Reserved.