スポーツ 男性アスリート

翁田大勢の西脇工業高校時代の評価は?兄も野球人?

更新日:

2022年4月6日に行われた対広島戦で7セーブ目を挙げた読売ジャイアンツの翁田大勢さん。

ジャイアンツでは1978年の角三男さんに並ぶ球団新人最多セーブに早くも到達したことになります。

そこでこの記事では「翁田大勢の西脇工業高校時代の評価は?兄も野球人?」をテーマに調査してまとめました。

画像も掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■翁田 大勢

・出身地:兵庫県多可郡多可町
・生年月日:1999年6月29日(22歳)
・身 長:181cm
・体 重:88kg

選手情報

・投球/打席:右投/右打
・ポジション:投手
・プロ入り:2021年
・初出場:2022年3月25日
・年 俸:1600万円(2022年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・兵庫県立西脇工業高等学校
・関西国際大学
・読売ジャイアンツ (2022 - )

 

翁田 大勢(おうた たいせい)さんは兵庫県多可郡多可町出身のプロ野球選手です。

右投右打で読売ジャイアンツに所属しています。

NPBでの登録名は大勢(たいせい)。

巨人では球団史上初となる“苗字を除いた名前のみを登録名にした日本人選手”と報じられました。

 

・選手としての特徴

スリークォーターとサイドスローの中間のフォームから、最速158km/hの直球とフォーク・チェンジアップ・スライダーを投げます。

 

スポンサーリンク

西脇工業高校時代は

翁田大勢さんは中学を卒業後、西脇工業高等学校に進学します。

同校では1年春からベンチ入りを果たし、2年秋からエースとなりました。

最高成績は3年夏の兵庫大会ベスト8で甲子園出場経験はありませんでした。

高校3年時にプロ志望届を提出しましたが、ドラフト指名はなく関西国際大学へ進学しました。

 

高校卒業後は

翁田大勢さんは高校卒業後、関西国際大学に進学しました。

2年春から阪神大学野球連盟1部リーグ戦に出場しています。

リーグ戦の通算成績は4勝3敗。

2020年3月に阪神タイガース二軍との練習試合で、4回を3安打2失点5奪三振に抑えて注目を集めます。

 

ドラフトは

2021年10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議で、4球団競合となった隅田知一郎(現:埼玉西武ライオンズ)さんの抽選を外した読売ジャイアンツから、1巡目で指名を受けました。

10月22日には阪神大学野球連盟から秋季リーグの個人表彰選手が発表され特別賞を受賞します。

11月15日に契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円(金額は推定)で仮契約を結び、背番号は「15」となります。

なお登録名は巨人に投手の太田(おおた)龍さんが在籍しており、発音が混同する恐れがあるため、監督の原辰徳さんの提案もあり「大勢」となりました。

 

兄も野球人?

翁田大勢さんの4歳年上の兄・勝基さんは、西脇工業高校が2013年夏に甲子園に春夏通じて初出場した時の、エース右腕として知られています。

画像はこちらです。

翁田大勢さんは兄について次のように語っています。

「兄は、スピードはそこまで速くないですけど、ゲームを作れる投手でした。一方で、自分は球速が出ても……。抑えた実績が少ないんです。好対照でした」

引用元:ベースボールオンライン 2021年5月26日(https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=059-20210531-01)

 

「あんまり仲よくないですけど、お互いに気にしながら、そんなに口にしない感じですかね。姉(あかり/元天満屋の陸上選手)とはめちゃくちゃ仲がいいんですけど」

引用元:ナンバーウェブ 2021/11/04(https://number.bunshun.jp/articles/-/850510)

 

兄弟で右腕投手だと関係は微妙なのかも知れません。

なお勝基さんは現在は野球とは無関係の職業に就いているそうです。

 

関連記事: 山崎伊織の素行に感心!高校・大学の成績に驚き!ドラフトは?

 

まとめ

以上、読売ジャイアンツの翁田大勢さんについてみてきました。

開幕から7試合セーブというのはすごいですね。

これは同球団では角三男さん以来44年ぶりの快挙となります。

今シーズンは始まったばかりですから、まだまだ活躍を見せてくれることでしょう。

注目の投手です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-スポーツ, 男性アスリート

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.