男性芸能人 男性有名人

野添義弘は大河出演は志村けんのおかげ?でんでんに似てるって本当?

更新日:

BSテレビ東京で放送中の『ワカコ酒』では居酒屋の大将役を演じている野添義弘さん。

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では源頼朝の側近である安達盛長を演じています。

そこで今回は「野添義弘は大河出演は志村けんのおかげ?でんでんに似てるって本当?」をテーマに調査してまとめました。

画像も掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

https://twitter.com/wakakozake_TV/status/1278894961514082304

■野添 義弘

・生年月日:1958年7月3日(63歳)
・出生地:大阪府
・血液型:O型
・ジャンル:俳優
・配偶者:あり

 

野添 義弘(のぞえ よしひろ)さんは俳優です。

スーパー・エキセントリック・シアターに所属しています。

大阪府の出身で大阪電気通信大学高等学校を卒業しています。

芸風は中年の小市民役を得意としていて映画やドラマでも味のある脇役として知られています。

劇団ではその朴訥とした持ち味と裏腹なキレキレのダンスを披露する一方、殺陣師としても活躍中です。

なお堤幸彦作品には頻繁に出演しています。

 

スポンサーリンク

大河出演

野添義弘さんはこれまで6回大河ドラマに出演しています。

地味ながらも確かな演技力が買われてのことでしょう。

出演作は次の通りです。

 

■NHK大河ドラマ

・琉球の風(1993年) - 五良
・新選組!(2004年) - 会津藩士
・西郷どん(2018年) - 松平忠固
・いだてん~東京オリムピック噺~(2019年) - 河西栄一(河西昌枝の父)
・麒麟がくる(2020年) - 中条家忠
・鎌倉殿の13人(2022年) - 安達盛長

 

役どころは

野添義弘さんは2022年から放送が始まった大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では安達盛長を演じています。

同作は脚本を三谷幸喜さんが担当しており、平安末から鎌倉前期を舞台に、源平合戦と鎌倉幕府が誕生する過程で繰り広げられる権力の座を巡る駆け引きと、その勝利者で北条得宗家の祖となった北条義時を主人公に描いています。

 

安達盛長は源頼朝を幼少期から支えた従者で通称は藤九郎と称します。

少々癖のある源頼朝から最も信頼されている人物として描かれています。

実在した安達盛長は平安時代末期、鎌倉時代初期の武将で鎌倉幕府の御家人です。

鎌倉時代に繁栄する安達氏の祖で源頼朝の流人時代からの側近でした。

源頼朝の乳母である比企尼の長女・丹後内侍を妻としており、頼朝が伊豆の流人であった頃から仕えていました。

また『曽我物語』によると源頼朝と北条政子の間を取り持ったのは安達盛長とされています。

 

参考:NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の出演者の記事です。

八嶋智人の嫁・宮下今日子はあげまん?高橋克実とのコンビ仲は?

竹財輝之助は若い頃どんなドラマに出演した?大河と半沢直樹の役どころは?

小池栄子の旦那はモラハラ疑惑?バセドウ病って本当?

坂東彌十郎の家系図が凄い!学歴と嫁も気になる

片岡愛之助の若い頃はテテにそっくり?隠し子が2人いたって本当?

 

志村けんのおかげとは?

野添義弘さんについてネットで検索すると志村けんさんの名前が浮かんできます。

これはどういうことなのでしょう。

じつはこの辺りの事情についてはラサール石井さんが明かしています。

 

NHKの大河「鎌倉殿の13人」が始まった。

三谷幸喜氏らしい軽妙な滑り出し。なかなか快調である。

私のお目当ては劇団SET所属の安達盛長役、野添義弘さん。

私の舞台にもたくさん出てもらっていた実力派。

亡くなった志村けんさんの「志村魂」のレギュラーでもあり、志村さんの大のお気に入りでもあった。

その「志村魂」を見に来た三谷さんが楽屋を訪ね「いつかご一緒したい」と言われた約束が今回実ったという。

引用元:エキサイトニュース 2022年1月20日(https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_801265/)

 

『志村魂(しむらこん)』は2006年から2019年まで、志村けんさんが主催・主演していた舞台演劇です。

そのレギュラー陣の1人が野添義弘さんでした。

そしてその舞台を観劇した三谷幸喜さんが野添義弘さんに作品への出演を依頼していたというわけです。

野添義弘さんもTwitterで志村けんさんへの感謝の念をツイートしています。

ブレイクの予感は?

野添義弘さんは大河ドラマ『鎌倉殿の13人』への出演でブレイクするのでしょうか。

これについてラサール石井さんは次のように予測しています。

「真田丸」からもブレークした俳優がたくさん出たが、いよいよ野添さんも苦労が実って仕事が増えるか。楽しみだ。

多分1年後には刑事ドラマのレギュラーを獲得しているだろう。

「星屑の会」で、でんでんさんのブレークを横で見ていた私の勘は間違いない。

引用元:エキサイトニュース 2022年1月20日(https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_801265/)

 

『星屑の会』は水谷龍二さんとラサール石井さん、小宮孝泰さんが結成した演劇ユニットです。

1994年の初演から2019年のアンコール公演まで上演された舞台『星屑の町』シリーズで知られていますが、でんでんさんは同舞台にレギュラー出演していました。

 

これまでの主作品

野添義弘さんは1990年代から現在まで数多くのドラマや映画、舞台に出演しています。

レギュラー出演している作品としてはBSテレビ東京と地上波で放送中の『ワカコ酒』が挙げられます。

『ワカコ酒』は2015年1月8日より放送が開始され、現在は『ワカコ酒 Season6』が放送中です。

同作で野添義弘さんは主人公の村崎ワカコ(演:武田梨奈)の行きつけの居酒屋「逢楽」の店主・石田勝一を演じています。

 

でんでんに似てるって?

Twitterでは野添義弘さんとでんでんさんが似ているというツイートが数多く上げられています。

画像を比較したツイートもあるのでご紹介しましょう。

確かに似ています!

 

まとめ

以上、野添義弘さんについて見てきました。

『ワカコ酒』や『鎌倉殿の13人』では味のある脇役を演じています。

ラサール石井さんの見立てではこれからブレイクするのだそう。

ラサールさんは演劇人としては確かな方ですから、当たらずとも遠からずになるかも知れません。

これからも野添義弘さんに注目していきましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性芸能人, 男性有名人

Copyright© off time , 2022 All Rights Reserved.