男性芸能人

武田鉄矢の嫁はあげまん?娘は嫁似?

投稿日:

俳優やコメンテーターとして活躍中の武田鉄矢さん。

未だに金八先生のイメージが残りますが嫁はどんな方なのでしょう。

娘さんは2人いるようですが嫁に似ているのでしょうか。

そこで今回は「武田鉄矢の嫁はあげまん?娘は嫁似?」をテーマに調査しまとめました。

画像も掲載しているので、どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

武田鉄矢のプロフィール

■武田 鉄矢

・本 名:武田 鉄矢(たけだ てつや)
・別名義:片山蒼
・生年月日:1949年4月11日(72歳)
・出生地:福岡県福岡市博多区
・身 長:165cm
・血液型:O型
・職 業:俳優、歌手、作詞家、タレント、映画監督、コメンテーター
・活動期間:1972年 -
・配偶者:既婚
・レーベル:ポリドール・レコード、ユニバーサルミュージック
・事務所:ネクストワン

 

武田 鉄矢(たけだ てつや)さんは俳優で歌手、タレントで司会者、作詞家でもあります。

フォークグループ「海援隊」のボーカルでリーダーです。

自身が出演する映画やドラマの脚本を片山蒼の名義で執筆することもあります。

代表曲は「母に捧げるバラード」、「あんたが大将」、「人として」、「贈る言葉」、「思えば遠くへ来たもんだ」など。

 

スポンサーリンク

嫁について

ここからは武田鉄矢さんの嫁や娘さんについて見ていきます。

嫁のプロフィールや2人の馴れ初め、嫁はあげまんなのかどうかや、娘さんは嫁に似ているのかどうかチェックをします。

 

嫁のプロフィール

武田鉄矢さんの嫁は一般の方です。

ですから情報はあまり多くありません。

 

■山田節子

・生年月日:1953年(68歳)
・出身地:熊本県
・職 業:銀行員(当時)

 

武田鉄矢さんの嫁は山田節子さんという方です。

結婚前は銀行員をしていました。

武田鉄矢さんと山田節子さんは1974年11月27日、カトリック大名町教会で結婚しました。

この時、武田さんは25歳で節子さんは21歳でした。

 

二人の馴れ初め

節子さんは元々、1972年にデビューした「海援隊」のファンでした。

ですから武田鉄矢さんはファンと結婚したことになります。

ただし具体的な馴れ初めについては明らかにされていません。

 

嫁はあげまん?

武田鉄矢さんと節子さんが結婚した当初は、給料が4ヶ月も出ないなど困窮していました。

そのため2人で飲食店でアルバイトをしていたのだそう。

節子さんは妊娠しており武田鉄矢さんは事務所をやめようかとまで思い詰めていました。

そんな武田鉄矢さんを節子さんは一生懸命励まし支えていたそうです。

その後、映画『幸福の黄色いハンカチ(1977年)』でのさえない青年役が高い評価を得て、俳優としての新境地を開拓します。

「海援隊」としても再び注目され、ドラマ『3年B組金八先生(1979年)』のヒットとともに主題歌の「贈る言葉」も大ヒットします。

それからの武田鉄矢さんの活躍は皆さんご存知の通りです。

ですから節子さんは間違いなくあげまんと言えるでしょう。

 

娘について

ここからは娘さんについて見ていきましょう。

武田鉄矢さんと節子さんの間には2人の娘さんがいます。

プロフィールや嫁に似ているのかどうかをチェックします。

なお貴重な画像も掲載しています!

 

プロフィール

武田鉄矢さんは以前出演したテレビ番組の中で、子どもたちの名前について話したことがあります。

それによれば長女は「菜の花を見る子」で菜見子さん、次女は「空を見る子」で空見子さんなのだそう。

以前は娘さんの名前を著書や歌詞の中で公表していましたが、個人情報の取り扱いが厳格になった現在では、公表を控えるようになっています。

ですから年齢も不明ですが2人とも40代半ばと思われます。

 

嫁(母)に似てる?

2人の娘さんは嫁に似ているのでしょうか。

嫁の画像は上に掲載してあります。

ここで2人の娘さんの画像をご覧いただきましょう。

この画像は映画『ドラえもん』のエンディングテーマ曲の作詞を務めた際、藤子スタジオに2人の娘を連れて行った時のものです。

その時に娘さんが「ドラえもんはどこ?」と尋ねたところ、藤子不二雄さんは「今テレビ局の仕事に行っているんだよ」と答え、武田鉄矢さんは彼のやさしさに深い感銘を受けたそうです。

さて。2人の娘さんは嫁に似ているでしょうか?

その判断は皆さんにおまかせしたいと思います。

 

終わりに

以上、武田鉄矢さんと嫁、2人の娘さんについて見てきました。

結婚した当初は困窮にあえいでいたそうですが、その後の活躍は目覚ましいものがあります。

現在では俳優やコメンテーターとしての活動がメインとなっていますが、たまには歌声も聞かせてほしいものです。

それを待ち望んでいるファンは決して少なくないはずです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性芸能人

Copyright© off time , 2021 All Rights Reserved.