男性アスリート

石井将希投手はサイドスローに転向!阪神歴代サイドスロー投手は誰?

投稿日:

オーバースローからサイドスローに転向したことで話題となった阪神タイガースの石井将希さん。

なぜ投法を変えたのでしょうか。

また阪神歴代のサイドスロー投手についても知りたいですね。

そこでこの記事では「石井将希投手はサイドスローに転向!阪神歴代サイドスロー投手は誰?」をテーマに調査しまとめました。

どうぞ最後までお読みください。

 

スポンサーリンク

プロフィール

■石井将希

・出身地:群馬県高崎市
・生年月日:1995年7月12日(26歳)
・身 長:180cm
・体 重:89kg

選手情報

・投球/打席:左投/左打
・ポジション:投手
・プロ入り:2017年 育成選手ドラフト1位
・初出場:2020年10月7日
・年 俸:420万円(2021年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・桐生第一高等学校
・上武大学
・阪神タイガース (2018 - )

 

石井 将希(いしい まさき)さんは、群馬県高崎市出身のプロ野球選手(投手)です。

左投左打で阪神タイガースに所属しています。

2017年のNPB育成ドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で指名されます。

支度金200万円、年俸300万円という条件で、育成選手として入団しました。

2020年にはシーズン特例による新規契約期限日の9月30日に、自身と同じ左投手の横山雄哉さんと共に、育成選手契約から支配下選手契約へ移行しています。

 

スポンサーリンク

サイドスローに転向

石井将希さんは2020年10月7日の対広島東洋カープ戦8回裏で一軍公式戦デビューを果たしました。

しかし一軍公式戦への登板はこの1試合だけにとどまります。

そこで石井さんは、レギュラーシーズン最終盤から参加しているフェニックスリーグで、サイドスローに挑戦するようになりました。

その理由については次のように語っています。

「何か変えないといけないと。左のサイドは今のチームにはいないので、貴重になってくると思った」

引用元:日刊スポーツ 2020年11月13日(https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011130000196.html)

歴代左サイドスロー投手

投手の投法はオーバースローが主流です。

それ以外の投法を見せる投手の数はグッと少なくなります。

特に左サイドスローの投手の数は少なく、阪神タイガースに所属した投手では過去に2名を数えるだけです。

 

遠山奬志

■遠山 獎志(遠山 昭治)

・出身地:熊本県葦北郡田浦町(現:芦北町)
・生年月日:1967年7月21日(54歳)
・身 長:178cm
・体 重:91kg

選手情報

・投球/打席:左投/左打
・ポジション:投手、外野手
・プロ入り:1985年 ドラフト1位
・初出場:1986年4月27日
・最終出場:2002年10月14日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴

・八代第一高等学校
・阪神タイガース (1986 - 1990)
・ロッテオリオンズ
・千葉ロッテマリーンズ (1991 - 1997)
・阪神タイガース (1998 - 2002)

コーチ歴

・阪神タイガース (2005 - 2011)
・浪速高等学校

 

遠山 昭治(とおやま しょうじ)さんは、熊本県葦北郡田浦町(現:芦北町)出身の元プロ野球選手です。

2019年11月からは浪速高等学校の硬式野球部で監督を務めています。

阪神タイガース投手時代の1999年から登録名を「遠山 奨志」(読み方は本名と同じ)に変更すると、2002年の現役引退を経て、2019年の途中までこの名称を公の活動で使用していました。

 

ジェフ・ウィリアムス

■ジェフ・ウィリアムス

・国 籍:オーストラリア
・出身地:オーストラリア首都特別地域キャンベラ
・生年月日:1972年6月6日(49歳)
・身 長:183cm
・体 重:88kg

選手情報

・投球/打席:左投/右打
・ポジション:投手
・プロ入り:1996年
・初出場:MLB / 1999年9月12日 NPB / 2003年3月29日
・最終出場:MLB / 2002年9月28日 NPB / 2009年7月20日

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

・サウスイースタン・ルイジアナ大学
・ロサンゼルス・ドジャース (1999 - 2002)
・阪神タイガース (2003 - 2009)

 

ジェフリー・フランシス・ウィリアムス(Jeffrey Francis Williams)さんは、オーストラリア・キャンベラ出身の元プロ野球選手です。

現在は阪神タイガースの駐米スカウトを務めています。

 

どこで使われる?

サイドスローの投手はかつては杉浦忠さんや小林繁さん、斎藤雅樹さんのようなエース級の先発投手は、珍しい存在ではありませんでした。

しかし右サイドスローに対して、ボールの握りや軌道が見えやすい左打者が増加した事もあり、現在では減少傾向にあります。

サイドスローのサウスポー投手については貴重な戦力とされ、プロ野球では対左打者用のワンポイントリリーフとして、左のサイドスロー投手をベンチ入りさせることが多いと言っていいでしょう。

 

終わりに

以上、石井将希さんについて見てきました。

サイドスローのサウスポー投手は貴重な存在です。

石井さんも阪神タイガースでは唯一の存在ですから、これから登板の機会が増えるでしょう。

いろいろ楽しみな投手です。

これからも応援しましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性アスリート

Copyright© off time , 2021 All Rights Reserved.