日常生活

シマエナガの生息地域と見れる動物園はどこ?夏毛はどうなる?グッズや鳴き声も紹介!

投稿日:

今回はその愛らしい容姿から「雪ダルマ」「雪の妖精」「白い恋人」などと呼ばれる「シマエナガ」について調べてみたいと思います。

生息地域はどこなのか、見ることが出来る動物園はあるのか。

夏毛はどんな色なのかや鳴き声についても知りたいですよね。

グッズもいろいろ出ているようです。

最後までお読みいただければ「シマエナガ」のすべてがわかると思います。

よろしくお付き合いください。

スポンサーリンク

生息地域は?

「シマエナガ」はスズメ目エナガ科エナガ属に分類されるエナガ(学名:Aegithalos caudatus)の亜種です。

エナガはユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する鳥ですが、「シマエナガ」は北海道にのみ生息しています。

「シマエナガ」の「シマ」は島のことで北海道のことを指します。

なお「シマエナガ」の形態は体長は約14cm、翼開長は約16cmで体重は5.5-9.5gです。

10gないんですね。参考に500円玉は7g、単4電池が11,4gです。

体長には長い尾羽を含むので、尾羽を含めない身体はスズメ(体重約24g)と比べるとずいぶん小さいことがわかります。

すずめ

黒いくちばしは小さく、首が短く丸い体に長い尾羽がついた外観をしています。

見れる動物園は?

2011年のデータでは恩賜(おんし)上野動物で飼育されていたようですが、現在では飼育されていないようです。

ただ、羽の色などから北海道の「シマエナガ」ではなく、別の亜種ではないかという指摘もあります。

日本の「シマエナガ」は研究・保存目的以外の採取は禁止されています。

それに北海道のような寒冷地に住む鳥ですから本州での飼育は困難なのかも知れません。

動物園で見られるとすれば、北海道の動物園に飛来する、野生の「シマエナガ」を待つしかありません。

時々飛んで来ることがあるそうですから、運が良ければ見られるでしょう。

スポンサーリンク

夏毛はどうなる?

冬場の「シマエナガ」は真っ白で真ん丸な姿をしています。

夏場はどんな姿をしているのかと言うとシュッとスリムな姿をしているんです。

冬場は寒さを乗り切るために羽毛を膨らませているから真ん丸な姿になるんです。

夏場はその必要がないですから夏毛は膨らましていません。

羽の色についてはあまり大きな違いはありません。

・冬のシマエナガ

https://twitter.com/mako_photo26/status/1066318489562935296

・夏のシマエナガ

見れないときの方法

とってもカワイイ「シマエナガ」ちゃんですが見れない時はどうしましょう。

そういう時は「シマエナガ」ちゃんのグッズで癒やされましょう。

ユーチューブにもたくさん動画があるようです。

まずはグッズのご紹介から。

グッズの紹介

・シマエナガちゃん 2016/11/2 小原 玲 単行本 ¥1,404

・シマエナガ ぬいぐるみマスコット セキグチ ¥1,150

・シマエナガ ぬいぐるみバッジ セキグチ ¥491

・シマエナガさんの12ヵ月 カレンダー 2019 (翔泳社カレンダー)2018/9/6 三浦 大輔、 河瀬 幸 カレンダー ¥1,080

・シマエナガ ポーチ セキグチ ¥1,136

・もっとシマエナガちゃん 2017/10/31 小原 玲 単行本 ¥1,404

・とりだんご シマエナガ ぬいぐるみ 高さ7cm 三英貿易(Sanei Boeki) ¥734

・ペットラバーズ 鳥シリーズ シマエナガ ストラップ なかの由峰 デザイン BO-3001 ペットラバーズ(Petlovers) ¥1,080

・雪の妖精 シマエナガ ポストカード 12枚入り 専用ケース付き snow-postcard-01 ぼく、シマエナガ。 ¥1,480

ご紹介したグッズはすべてマゾンから購入することが可能です。癒やされて下さいね。

鳴き声を動画で紹介

「シマエナガ」は、よくさえずることでも知られています。実際に動画で見てみましょう。

・シマエナガ(Long-tailed tit) 北海道に生きる雪の妖精 ※鳴き声入

・ジュルリ、鳴き声も可愛いシマエナガ Long-tailed Tit(Aegithalos caudatus)

・エナガ シマエナガ 鳴き声 可愛い Long-tailed Tit

可憐な声でさえずるんですね。

 

関連記事:シマエナガを飼うことはできる?よく似ていて飼える鳥は?

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

今回は可憐で可愛いシマエナガについて調べてみました。

残念ですが会うためには北海道まで、足を運ばなければいけないようです。

実際見ることが出来たら感動するでしょうね。

それではまたお会いしましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-日常生活

Copyright© off time , 2019 All Rights Reserved.