日常生活

BMW認定中古車(登録未使用車)をお得に買った。注意する点はココ!

投稿日:

2018年1月にBMWの認定中古車、その中で登録未使用車と言われる車を購入しました。

 

その前の車がかなりぼろく、車検の前に買い替えようと思っていたのです。

初めは国産車を考えていたのですが、ひょんなことからBMWの登録未使用車というものに出くわし、あれよあれよという間に契約していました。

今回はその車に出会ったいきさつや決め手となったこと、また振り返ってみて中古車、登録未使用車を買うにあたって注意するところについて書いていきたいと思います。

BMWの中古車や登録未使用車を考えている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

BMW1シリーズ118dを買いました。

見出しの通り買ったのは1シリーズ118dです。

乗るのは家内がメインであることと予算的なことで1シリーズとなりました。

きっかけ

前の車が走行距離17万キロともういつでも買い替えにしてもおかしくない状態だったので新車ということでいろいろ探していました。

家内はネットサーフィンをよくやるのですがたまたまカーセンサーで自宅近くのBMWディーラーで登録未使用車なるものを売っていることを発見。

実は家内は若い時からBMW好きでいつかは乗りたいと密かに考えていたようでした。

みてみると結構安い!!

でも、ハイオク高い・・・、と思っていたらディーゼルでした。月のガソリン代安いやん!!

認定中古車とは?登録未使用車とは?

認定中古車

認定中古車とは、一定の基準を満たす中古車をメーカーが認定し、保証を付けて再販する中古車のことです。
メーカーが販売を認めているため、保証も付いていますし、ディーラーのローンを利用することもできます。

次の3つの種類があります。

BMW Premium Selection
2年間走行距離無制限保証
2年間走行距離無制限保証をはじめとする大きな安心で、認定中古車の常識を変えた「BMW Premium Selection」
詳細

BMW Approved Car
1年間走行距離無制限保証
高い品質と、1年間走行距離無制限保証の充実した保証内容で選ばれてきた、信頼の「BMW Approved Car」
詳細

BMW Used Car
6ヶ月間保証
6ヶ月間走行距離5千キロ以内保証付きの、高性能・高品質を長く維持し続けるBMW車だから提供できる「BMW Used Car」
詳細

引用元:BMW Japan 公式サイト

 

登録未使用車

上記の3種類の中のBMW Premium Selectionのなかにこの登録未使用車は入ります。

簡単にいうとディーラーが販売台数の実績を上げるためにディーラー自らが車を買い上げて登録している車という事です。

こうして販売台数が基準台数に達するとメーカーから報奨金がもらえるらしいです。そしてその後少し値段を落として一般販売をするのですね。

実際わが家のBMWも未使用車であったために走行距離数は15kmということでした((笑)

店舗にて

ネットでお目当ての車を見つけて早速見に行ったのですがその車は「即決で売れました」とのこと。

ところがこんなのもありますよ、とよく似たのを紹介してくれたのはまさに条件もバッチリで金額もさきほどのとほぼ同じ額です。

驚きの金額

何度もしつこいですが買ったのは

1シリーズ118dです。

これは2017年10月にマイナーチェンジしているのですが内装が少し変わっただけでそのほかはほぼ一緒です。

当時のこのタイプは338万円です。

それが

240万

で、買えたのです!!!

これはマイナーチェンジのあと、ということもあってこんなに安かったのでしょうか。

驚きです。

しかもBPS保証も付いています。

あとでわかったことですが新車だけに標準装備されているBSI保証も付いていたのですよ!

これがどんなにお得なのかは法定1年点検のときに分かりました。

その他にかかったお金

税金や自賠責保険料は全部で8万円ほど。

あと、付属用品として何だこりゃだったのは

ハイモースコーティング

おどろきの194400円です。

コーティングにざっと20万。20万。

この時は思いがけなくBMを安く買えてぽ~としてたため、なんとなく言いなり状態、てかなんにもわかっていませんでした。

たしかにハイモースコーティングは車のコーティングでは最高ですがネットで見ると6~7万です。

外車になると高くなるようですがね。ここでディーラーは儲けている?

アルミコーティングもして次は断熱材フィルム。

フロント断熱フィルムとリヤ断熱フィルムで

10万・・・

たしかにものはものすごくいいのをしてくれたようですが・・・10万・・

ついでにインテリアガード

6万・・

たしかに7か月乗っても車内は全然汚れずホコリも付かずピッカピカのままです。

このなんで車体安いぶん取り戻してるかあ、と契約してしばらく経って熱が冷めた時に思いましたが何か?

まあでもハイモースコーティングされた車体はつるつるピカピカに光ってるしまあいいか、安かったし。

スポンサーリンク

中古車を買う時の注意点

そんなこんなで何もわからないまま買ったわけですが、今から思う「ここに注意」ってことがあります。

BMWの場合、国産車だとふつうに標準装備されていることでもパッケージとして追加していくのです。もちろんその費用は別で追加料金となります。

そんなことも知らずに契約したわけですが何よりも良かったことは

コンフォート・パッケージ

が付いていたことです。これは

コンフォート・パッケージ 価格:¥160,000、対象:118i、118d、他

装備内容
サーボトロニック
車速感応式パワー・ステアリングのこと。なおバリアブル・スポーツ・ステアリング(サーボトロニック付)も選択可能。

コンフォート・アクセス
キーを使わずにクルマのドアを開け、エンジンを始動させることができます。

ライト・パッケージ
ドア・ハンドル照明、リーディング・ ライト〔フロント、リヤ〕、フットウェル・ライト〔フロント〕、照明付バニティ・ミラー〔運転席 & 助手席〕、アンビエント・ライト

2ゾーン・オートマチック・エアコンディショナー
オートマチック・リサーキュレーティング・エア・コントロール、マイクロ・フィルター、左右独立温度調節機能、風量・温度調節機能付後席用エア・アウトレット、パーキング・ベンチレーション

ストレージ・パッケージ
12V電源ソケット〔センター・コンソール後端、ラゲージ・ルーム〕、ドア・ポケット〔リヤ〕、シートバック・ネット、収納ネット〔ラゲージ・ルーム内右側〕、荷物固定用フック〔2個追加〕、カップ・ホルダー用小物入れ、ラゲージ・ルーム・ネット〔フロア〕

ライトなんて国産車だったら標準装備だろうにこんなのまでオプションなんですよ。

このパッケージで16万円。

コンフォート・アクセスはキーをポケットに入れたままドアに触れるだけで開閉できるというものです。便利です。

2ゾーン・オートマチック・エアコンディショナーもBMWだったら標準装備してよ、と思いますね。運転席と助手席が別々にエアコン温度設定出来たり、後部座席にもエアコン風排出口があったり。

 

ストレージ・パッケージ。ドア・ポケット〔リヤ〕、シートバック・ネットがオプションだなんて絶句ものですね。

このパッケージがついててやっと高級車らしい感じになります。

もちろん後付けはできないのでこのオプションパッケージの確認は絶対に忘れないでください

ここではこのパッケージのみ書きましたがパッケージは何種類もあり、加える度に10万とか15万とか加わって価格はどんどんと跳ね上がります。

追加パッケージをしてたら気が付くとそれだけで100万かかったということもあります。

新車ならどのパッケージを追加するか決めれます中古車、登録未使用者ではそれが出来ないので要注意です!

終わりに

結局本体価格に税金・保険料、販売諸費用、付属品などで合計340万ほどかかったわけですが

これを全く同じ条件にして新車で買うとなると480万円ほどになります。(2017年10月にマイナーチェンジしてこのシリーズは30万の値上げをして368万円になっています。)

これはかなりお得な買い物であったと思っています。2回の車検まではほとんど維持費はかからないようですし。

BMW:法定1年点検でかかった費用は無料だった!BPS保証とBSI保証で無料に。

以上「BMW認定中古車(登録未使用車)を)お得に買った。注意する点はココ!」でした。

お読み下さりありがとうございました!

 

こちらの記事も参考にどうぞ

車の車内コーティングを実体験!効果や費用など実際のところどう?

車のリレーアタック対策!実際に試してわかったおススメを大紹介

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-日常生活

Copyright© off time , 2019 All Rights Reserved.