健康 日常生活

歯磨きの時に出る血は出した方がいい?出さない方がいい?

投稿日:

歯磨きをしている時に、血が出て、どうしたらいいか焦ってしまうっていう経験をしたことはありませんか?

引用元:https://trendersnet.com/archives/678.html

歯茎に異常がないなら出血するという事はありませんよね。

出血をしてしまうという事は注意した方がいいサインかもしれませんね!

その場合は血は出した方がいいのでしょうか?出さない方がいいのでしょうか?

歯磨きをして血が出るというのはどういう意味があるのでしょう?!

今回はその辺を探ってみました。それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

歯磨きの時に出る血は出した方がいい?出さない方がいい?

歯磨きの時に出る時の血は出した方がいいのかどうかという事ですが、基本、出た時はあまり歯茎を刺激しない様にしましょう。

最低限度の歯磨をし、口をゆすいで出血の出方の様子をみましょう。

しかし、これは歯に限った事ではありませんが、患部に触らないようにすることが大切です。

●歯周病が原因ならば、歯茎からの出血は、炎症の原因となっている細菌の繁殖増加による悪化の防止のために

「血は出した方がいいい」といわれています。

●一方、歯に歯石が付着している状態では「出血を控えた方がいい」です。

いずれにしろ、どちらも炎症はあるはずですので歯科医にいきましょう。

なんで血がでるの?

歯磨きの際の出血の箇所は大体、歯茎からのものが多いです。歯茎はデリケートな部分です。

いつもと同じ歯磨きで出血する原因としては次の様なものがあげられます。

1 歯肉炎・歯周病の可能性

2 物が詰まることで歯周病が発生

3 歯磨きのしすぎ

4 妊娠性歯肉炎

5 歯石の付着

6 出血しやすい病気を持っている(白血病等)

では、細かく見ていきましょう。

1 歯肉炎・歯周病の可能性が考えられます。

引用元:http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01...

歯周ポケットで細菌の繁殖が起こり炎症してしまって、最悪の場合は抜歯をすることになります。

特にきちんと歯磨きをしているつもりでも、1週間もすれば、歯垢がたまってしまい、それが増えて、気が付かないうちに歯肉炎になってしまうという事もあるのです。

年齢がいくほど歯肉が弱ってしまいますので、定期的に歯科に行って点検したほうがいいでしょう。

2 物が詰まることで歯周病が発生する

歯間に何かが挟まって、そこから細菌が繁殖し炎症を起こすという1と同じパターンをたどる事になります。

今は薬局にいけば、糸巻タイプフロスとホルダータイプフロスがあるので、歯垢除去率を高める事ができます。

この出血は一時的なのですが、続くようでしたら、歯科にいきましょう。

3 歯磨きのしすぎ

硬い歯ブラシで強く磨くと、歯茎に傷がついて出血する恐れがあるうえ、歯茎が徐々に減って歯の根元が出てきて、抜けてしまう恐れがあります。

その際はブラシの選び方も考えましょう。硬い歯ブラシから柔らかい歯ブラシにするとかいう風にして、様子をみましょう。

4 妊娠性歯肉炎

つわりによる胃酸が歯に影響を及ぼします。

歯磨き不足で歯茎の腫れ、出血。ホルモンバランスの異常で一時的に歯茎が腫れます。

5 歯石の付着

歯と歯茎の境目の奥に歯石が付着して、歯ブラシが届かない状態になっている時には、たらたら流れる場合もありますが、歯石がきちんと取れれば収まる場合もあります。

6 出血しやすい病気を持っている(白血病等)

スポンサーリンク

歯を磨くと血が出て痛い

・この場合は虫歯と歯周炎の可能性があります。虫歯の程度にもよりますがレベルが軽いほど治療は早い方がいいので、歯科に行くことをおすすめします。

・歯周病は日本人の約8割が罹患しています。虫歯をおさえて歯周病が歯を失う原因の第1位となっています。

*個人的な例として、私は最近、歯科に行き、歯垢を除去してもらいましたが、歯肉の出血が以前よりひどかったです。

歯科医より「虫歯はありませんが、歯肉が弱っていて、こっちの方がよくないし、虫歯になるとやっかいなので、歯と歯肉の間に詰まってる歯垢を取った方がいいでしょう」と言われて、虫歯になってからでは、ややこしいのでその治療をしました。

奥歯の方は、通常皆、麻酔をするらしいのですが、私は痛みに強いので麻酔はせずにやりました。

先生の話によると、歯垢除去をしても1週間もすれば歯石がたまってくるそうです。

<歯周病予防の注意>
●タバコを吸う
●ストレスがたまりやすい
●あまり咀嚼しない
●多い間食

このような方は歯周病にかかりやすいので注意しましょう。

どれくらいの期間で血は止まる?

虫歯や歯周炎や歯肉炎のひどい状態であれば痛みも伴いますし、その場合は早めに歯科に行った方がいいでしょう。

しかし、歯の磨きすぎやドライマウスやストレスなどが原因であれば、歯ブラシを柔らかくするとか、リラックスするなど要因と考えられる物を除去していく必要がありますね。

歯磨きの時の出血の度合いは、歯の悪化レベルによりますし、状態にもよりますので、血の止まり方も一概には言えません。

出血が大量だったり、痛みが伴う出血であれば即、歯科に行った方がいいでしょう。

まとめ

歯は一生使う物ですので、大切にしなければいけません。

歯磨きは毎日の習慣で、その際出血が出る時は戸惑いますが、基本出血部位は触らず出血が止まるまで刺激の無いように磨き、歯周炎、歯肉炎などであれば歯科にいきましょう。

出血に関する要因としては色々ありますが、それでも止血しないようである場合と、出血と痛みを伴った場合は虫歯がけっこう進んでいると考えられるので歯科に行った方がいいですね。

日本人の8割がかかっていると言われている歯周炎にならないためにも歯磨きをこまめにして、歯科の定期健診をするなど自己管理して歯を大事にしていきましょう。
           

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-健康, 日常生活

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.