日常生活

マニュアル車とオートマ車・事故率が高いのは?それ以外の違いはこれだ!

投稿日:

仕事や日常生活を送る上で、自動車を運転しなくてはいけない人も多くいると思います。

最近では、自動車も進化していて運転しやすくなってきていると思います。

引用元:https://clicccar.com/2018/01/27/554082/

自動車にはトランスミッションがあり、マニュアルとオートマがありますが、現在は、自家用車でオートマ車が9割以上と増えています。

マニュアル操作が苦手な人もオートマなら、ギアチェンジなど気にせず運転する事ができるので、ストレスなく運転する事ができるようになりました。

一方で、オートマが主流になってきている日本では、事故率も増えてきています。

なぜ、オートマが主流になると事故率が上がってきているのか不思議に思いませんか?

そしてそれ以外の違いは何か、気になりますね。

今回はその辺を探ってみましたので、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

 事故率が高いのはどちら?

マニュアル車とオートマ車で事故率が高いのは「オートマ車」になります。

現在では、自動ブレーキシステムや、誤発進抑制システムなども搭載される自動車も増えてきているので、安全性もあがってきていますが、まだ、搭載している自動車を乗っている人の割合も少ないと思います。

引用元:http://blog.esuteru.com/archives/8519713.html

なぜ、オートマ車の事故率が高くなるのかを見ていくと、オートマは簡単なシフト操作で前進したり後進したりする事ができます。

ペダルはブレーキとアクセルの踏み変えだけで簡単に運転する事ができます。

簡単に操作が出来るので、うっかりブレーキとアクセルを踏み間違えてしまい、事故がなったりするケースがよく見受けられます。

実際、マニュアルとオートマではどれくらいの割合で事故率に違いがあるのか見てみると、約2倍ほどオートマが事故を起こしています。

引用元:http://www.car-hokengd.com/koutuu-unten/mt-at-acci...

事故の種類別でみてみると追突事故が格段に高くなっています。減速が十分ではなくて追突してしまうケースが多いのです。

では、なぜ、オートマはそのような事故が多いのか。実は、オートマとマニュアルは運転方法の違いによる差が大きいのです。

マニュアル車の特徴は?

引用元:http://www.8800uds.co.jp/beginner/

マニュル車の特徴としてはシフトチェンジを自分の判断で行わなければいけないのです。そして、アクセルとブレーキ操作のみならず、クラッチ操作も必須になります。

引用元:http://driving.ciao.jp/ginou-1/mt-hassin.html

特に、このクラッチ操作は、慣れないとエンストしてしまったり、上手く運転ができなかったりする事が多いのです。

シフトを入れてアクセルを踏んで、すぐに発進できるわけではなく、クラッチ操作も重要になりますので、誤発進なども起きにくいのが特徴です。

また、道路状況や、自分のタイミングでギアを入れ替えてエンジンブレーキを上手く利用する事ができるので、追突事故などの防止にもつながるのです。

オートマ車の特徴は?

引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/nobu91128/10123542.html

オートマ車の特徴を見てみます。

オートマはオートマチックの略です。

マニュアルは自分でギアチェンジをしなくてはいけないのに対して、オートマはシフトをドライブやバックシフトに入れたりするだけで、自動で発進する事ができます。

アクセルの踏む量によって自動的にギアを変えてくれると思うとイメージしやすいと思います。

その為、エンジンブレーキなどは弱いのが特徴です

現在では、マニュアル車を探す方が難しいくらいオートマが9割以上を占めているので、マニュアル車を運転する機会は、自動車教習所で運転する程度でしょう。

オートマの場合はクラッチ操作など、両手両足をフルに使用する事なく運転できるので、女性や運転が苦手という人も楽しく運転できる事がメリットだと思います。

スポンサーリンク

それ以外の違いは?

マニュアル車とオートマ車で、その他に違いを挙げると燃費です。マニュアル車のほうが燃費は良いです。

最近では、エコカーなどが出ていてオートマ車も非常に燃費が良くなっています。

従来の車で言うならば、マニュアル車は自分のタイミングで任意にギアチェンジが可能なので、無駄なガソリンを利用する事なく、車を走らせる事ができます。

任意でギアチェンジが可能という事は、エンジンブレーキを使いたい時にギアチェンジでギア操作をして、エンジンブレーキを利用する事ができるので、カーブや坂道などにも便利です。

スピードが落ちずに追突する事故なども、オートマ車よりもマニュアル車の方が事故になる率が低いのが最大の特徴の1つと言えます。

まとめ

オートマとマニュアル車では、マニュアル車が事故率が低いです。マニュアル車は、自分のタイミングや道路状況に合わせてギアチェンジをしなくてはいけません。クラッチ操作もあるので、両手両足を使うのは気軽に運転しにくいですよね。

オートマは、シフトを入れるだけで、自動的にギアチェンジを車がしてくれるので便利ですが、スピードの出し過ぎなどでブレーキが効かず事故になるケースがあります。

私自身も車を運転していて、前の車と車間距離が詰まってブレーキを踏む機会がオートマになって増えました。

スピードを出しすぎ、車間距離を十分に取る事で、オートマも事故は防げると思いますので、オートマとマニュアルの違いも重要ですが、心の持ちようだと思います。

スポンサーリンク

-日常生活

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.