男性アスリート

井岡一翔の強さの秘密に迫る!その一方で評価が低い訳に驚き!

更新日:

WBA世界タイトルマッチで王者・井岡一翔が勝ち、5度目の防衛に成功しました。これでミニマム級からの世界戦通算勝利数が「14」となり、元WBA世界フライ級王者の具志堅用高氏(61)の持つ日本記録に並びました。

ベルトを巻く井岡選手:勝ち続けます

引用元:http://www.ioka-boxing.com/ioka_kazuto

勝ち続けることができたのは、「ファンの皆さんの応援とフィアンセのおかげと」と話しています。

井岡選手の本当の強さの秘密を知りたいと思います。その一方で評価が低い訳も知りたいと思います。

スポンサーリンク

世界最速3階級制覇王者

井岡一翔は1989年3月、大阪堺市生まれ(28歳)

元WBC世界ミニマム級王者、元WBA世界ミニマム級王者、元WBA世界ライトフライ級王者、現WBA世界フライ級王者。世界3階級制覇を世界最速で達成しました。

叔父は元世界2階級制覇王者の井岡弘樹です。

強さの秘密

井岡選手の試合を見ていますと、あまり相手からパンチを受けたことがないような印象があります。これには秘密がありまして、井岡選手の空間認識能力が優れていることがあげられます。

空間認識能力が優れている、井岡選手

引用元:https://play.google.com/store/apps/details?id=prog...

この空間認識能力とは相手のパンチが届く距離になると、他の選手に比べて、空間認識能力に指令を出す部分の脳波がとても活発になります。ですからパンチを受けにくいのです。

これは幼少時代に野球で鍛えられた可能性がありそうです。動くボールをグローブでキャッチする、動くボールをバットに当てる。このような空間での活動が認識能力を高めたかもしれません。

ですから少し相手より攻撃してポイントを稼げば勝利につながりやすいのです。

ただ、攻めあぐんだりしてポイントを稼ぐことができないと、接戦になることがあるので、せめてポイントを稼ぐことです。もちろんダウンを奪えば一番良いのですが、そううまくもいかないこともあります。

 

スポンサーリンク

評価が低い訳

前述しましたが、井岡選手があまり相手からパンチをもらうことが少なく、どちらかというと打たせてカウンターを打つというスタイルに観客がもう一つ涌くことが少なく、国内ではもう一つ評価が低くなってしまうのではないでしょうか。

また大阪での試合が多く、大阪人は「KO」を期待してしまうので「KO」しない試合では評価が下がってしまいます。

国内ばかりでの試合に「内弁慶」とも言われています。

この際海外で試合をしたら良いのではと思います。その方が井岡選手のパンチをあびない防衛力は海外では高く評価されていますし、海外では「KO」しなくてもポイントを稼ぐ試合運びの術も高く評価されます。「内弁慶」とも言われずに済みます。

また勝つために対戦相手を選んでいるとも言われています。「ローマン・ゴンザレス」や「ファン・フランシスコ・エストラーダ」から逃げた的なことを言われています。

以前大阪の「・・・一家」がしてきたのと似てきたと言われています。

ただ、これには賛否両論あって「それも戦略の一つ」という見方もあります。ある意味ボクシングが「ショー」的な部分もあるわけで、八百長はだめですが、勝ち続けることも一つの道だと思います。

とにかく具志堅用高と並ぶ世界戦通算「14勝」になった訳だから、次は「15勝」を目指してほしいです。

陽気な具志堅用高氏、14勝もしたのですね

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

参考記事  ↓ 

亀田興毅の子供時代はどんな子だった?今現在の子供は何人で次男の名前がユニーク?

亀田興毅さんと父親の亀田史郎さんがTV番組「しくじり先生」に出演されるようです。強面の亀田一家、その中で特に長男の亀田興毅さんが子供時代はどんな子だったのか? そして今現在子供が何人いて、それぞれの名 ...

続きを見る

 

井上尚弥の嫁・咲弥の顔は可愛いがごたごたがあった?2017海外の反応とアメリカでのファイトマネーが凄すぎる!

ボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが9月9日(日本時間10日)に本場アメリカで6度目の防衛戦を行う井上尚弥選手。嫁・咲弥さんは顔は可愛いがごたごたがあったのはどういう事か? 2017年 ...

続きを見る

    

村田諒太の嫁は京大出身で壇蜜似、でもウザイ、ブサイクって本当?実際の強さとファイトマネーの変動に迫る!

2017年5月20日、村田選手のWBA世界ミドル級タイトルマッチ、この試合をたまたま出張で東京で見ていました。試合終了後に勝ったと思いきや、判定負けでした。「うそー」日本中がそう思いました。しばらくそ ...

続きを見る

山中慎介の強さの秘密に迫る!かわいい嫁のために稼いだファイトマネー総額に驚き!?

WBCバンタム級の世界王者、山中慎介が今夜(8月15日)行われるタイトルマッチで、具志堅用高が持つ日本記録、世界王座13連続防衛に挑戦する。果たして並ぶことが出来るか。 何故、山中慎介選手はこんなにも ...

続きを見る

まとめ

  • 強さの秘密は空間認識能力が幼少時に野球から鍛えられて、他のボクサーより優れているために、相手からパンチを受けにくくなっていることがあげられます。打たれなければ倒されない、ポイントを奪われにくい訳です。
  • 評価が低い訳としてボクシングスタイルがある意味安定しすぎて、打ち合いにならないので観客がもう一つ涌かないということ。日本の特に大阪では「KO」を期待されるので、勝っても「KO勝ち」でないと盛り上がらないからです。海外で試合をするのも一つの方法かもしれません。
  • また、勝つために相手を選んでいるとも言われています。これには賛否両論あって、どちらが正しいとも言えないと思います。

同じ大阪人として私個人としてはとにかく勝ち続けてほしいと思います。頑張れ井岡選手、世界戦通算「15勝」を目指して、応援しています。

スポンサーリンク

-男性アスリート

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.