男性アスリート

稀勢の里の怪我の相手は日馬富士で原因は?親方は誰で不仲の噂に迫る!

更新日:

4場所連続で休場した横綱・稀勢の里、2018年1月の今場所は復活を見せてくれるのでしょうか。始まって4日過ぎまして1勝3敗とどうも調子が悪そうです。

やはり、以前怪我した影響がまだ残っているのでしょうか?そこで今回は以前の怪我の相手が日馬富士なのかどうか?ということや怪我の原因を知りたいと思いました。

また、親方が誰で不仲という噂も目にしました。今回はその辺を探ってみます。

スポンサーリンク

稀勢の里の怪我の相手は日馬富士で原因は?

稀勢の里 のこれまで

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)生年月日は1986年7月3日 (現在31歳)で茨城県龍ヶ崎市出身(出生地は兵庫県芦屋市)

田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士で第72代横綱。

2011年11月に大関昇進。2017年1月場所初優勝後に横綱昇進。

本名は萩原 寛(はぎわら ゆたか)身長188cm、体重185kg。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%80%E5%8B%A2%E...

怪我の相手は日馬富士で原因は?

2017年1月場所で初優勝を飾った後、横綱になって初めての3月場所の13日目のことです。それまで全勝で今場所もしかしたら全勝優勝して二場所連続優勝するのではないかと期待が膨らんだ対日馬富士戦のことです。

そこは横綱としての意地のある日馬富士が立会い鋭く、一気に稀勢の里を土俵の下まで突き落としたのでした。

あまりの勢いに体勢悪く左肩・左胸辺りを打ち付けたかように転げ落ちた稀勢の里、しばらく起き上がれませんでした。

何が起きたのでしょうか?何か大怪我でもしたのかなあ?明日から出場できるのかなあ?何か悪い予感がしてきました。

ようやく付き人に抱えられて起き上がるとそのまま花道を後にして、支度部屋に戻りました。普段痛いとかめったに言わない稀勢の里ですが、さすがにこのときはうめき声が聞こえるほどでした。

やはりかなりの大怪我に違いありません。すぐに近くの病院に運ばれました。

やはり今場所は無理だな!誰しもがそう思った次の日の14日、出場したのです。相手は横綱・鶴竜、しかしあっさり土俵を割られてしまいました。怪我の状態は相当悪そうです。

そしてこの時点で2敗目。照ノ富士が1敗でトップを走っています。

そして最終日の本割りでも大関・照ノ富士と対戦します。優勝するためにはまず、この対戦に勝ってかつ優勝決定戦も勝たなくてはなりません。今の怪我の状態では奇跡でも起きない限りはとうてい無理、誰しもがそう思いました。

しかし、奇跡は起きました。ここでも照ノ富士に勝ち逆転で連続優勝を手に入れました。

優勝決定戦では立会いが終わって照ノ富士がもろ差しで完全有利と思われ、稀勢の里が寄り切られると思った瞬間、投げを打っての逆転勝ちでした。稀勢の里のあきらめない執念を感じました。

これには日本中の相撲ファンが感動、興奮しました。

特に若乃花が横綱になった1998年以来19年ぶりに横綱に昇進し、貴乃花が引退した2003年以来14年間途絶えていた日本人横綱になった稀勢の里に日本中の相撲ファンが大いに盛り上がり、相撲人気も盛り返してきました。

横綱になって初めての場所で優勝するのも22年ぶりのことです。

怪我の原因は

怪我は左前肩と胸部の負傷です。原因は土俵から落ちたときに左肩から地面に落ちてしまい、地面に直接左肩をぶつけてしまったからだと思います。

そこに全体重がかかってしまったから、たまったものではありません。体重は185キロもあり、勢いよくぶつかりましたから185キロ以上の力が加わったと思われます。

実はかなりの重症でした。その後5月・7月・9月・11月と4場所続けて休場することになりました。

 

スポンサーリンク

親方は誰で不仲の噂に迫る!

親方は誰?

稀勢の里が中学を卒業して入門したのが、鳴戸部屋でした。稽古に対して一番厳しい部屋ということで、どうしても強くなりたい稀勢の里はそんな理由で鳴戸部屋を選んだのでした。

師匠は元横綱・隆の里の鳴戸親方です。稽古には鬼のように厳しい人ですが、稽古が終われば自らちゃんこを作るなど、弟子の健康管理にも気を使う、弟子思いの親方でした。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO12043250U7A12...

稀勢の里は鳴戸親方を心底信頼し、慕い、ひたすら稽古に打ち込みました。その結果大関に昇進しました。

 その直後に鳴戸親方は2011年11月に急死。

部屋は、隆の鶴が継承しました。 そして新しい親方は田子の浦(隆の鶴)親方になりました。

引用元:https://newsyo.jp/?p=8110

ところが隆の鶴は元々は親方になって跡を継ぐことなど考えにもなかったのですが、他になる人もいず、鳴戸親方の女将さんからも頼まれてしぶしぶ引き受けたようです。

そんな田子の浦親方ですので、稀勢の里は稽古にも前の親方と比較しても熱心に感じなかったのでしょう。 そこから横綱になるのに役6年と随分と時間がかかってしまいます。田子の浦親方のせいにする人もいるくらいです。(本当のことはわかりませんが。)

 稀勢の里とは不仲なのか

上記のような理由で、稀勢の里にとってあまりにも鳴戸親方の存在が大きすぎたのか、田子の浦親方の存在があまり大きな存在ではないのかも知れません。大関になってからの親方なので、ある意味成長したあとの親方なわけです

ですから、傍目にはあまり会話もなく不仲に写るのかも知れません。

今の師匠が田子の浦親方で、心の親方は鳴戸親方なのかもしれません。

優勝時のインタビューでは鳴戸親方への感謝の言葉は出ても、田子の浦親方には感謝の言葉は出ませんでした。

参考記事   ↓  

白鵬の年齢は横綱として厳しいか?現在子供は何人でその名前と意味が巷の話題に!

大相撲横綱の白鵬が2017年3月の春場所を5日目(3月16日)に途中休場しました。古傷の右足親指のねん挫と、右太ももの筋肉損傷で約3週間の加療を要すとのことでした。2016年の秋場所は全休し、横綱にな ...

続きを見る

石原さとみにそっくりな?鶴竜が嫁にキスしたのはいつどこで?休場した理由がずるいと巷の噂に!

2018年初場所が始まって横綱の白鳳と稀勢の里が途中休場してしまい、日馬富士は昨年引退してしまって、横綱として唯一今場所(2018年初場所)頑張っている鶴竜さん。 そんな鶴竜関が石原さとみさんとそっく ...

続きを見る

大砂嵐は筋肉モリモリなのに髪の毛は薄い?怪我が多いのはなぜ?

大砂嵐は筋肉がモリモリですが、髪の毛は薄いのでしょうか。また、怪我が多いのも不思議です。なぜでしょうか。 今回はその辺を探ってみます。  スポンサーリンク

続きを見る

まとめ

  • 2017年3月の場所で稀勢の里は怪我をしました。相手は横綱日馬富士でした。
  • 怪我の原因は地面に直接左肩をぶつけてしまったからです。
  • 親方は入門時から大関になるまでは鳴戸親方(元横綱隆の里)です。 鳴戸親方が2011年11月に急死したため、跡を継いだ田子の浦親方(元隆の鶴)が現在の親方です。 田子の浦親方とは不仲ではありませんが、鳴戸親方との絆は強いようです。

早く稀勢の里が本調子になるのを祈るばかりです。

スポンサーリンク

-男性アスリート

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.