季節の出来事

恵方巻っていつから流行ったの?いつ食べるのか時間て関係ある?

投稿日:

2月3日は節分です。節分と言えば「鬼は~外~、福は~内~」と豆まきをしたり、恵方巻を食べたりしますね。ところがその恵方巻って以前は食べてなかったような気がするのですが・・・

そこで恵方巻はいったいいつから流行ったのか調べてみました。

そして朝、昼、夜と食べる時間って関係あるのでしょうか。

まずはいつから流行ったのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

恵方巻はいつから流行ったの?

恵方巻はもともと「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」といわれ、江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で節分や商売繁盛を祈って食べられたと言われています。

とくに「恵方巻」という名前では文献にないそうです。「恵方巻」という名前は1998年にセブンイレブンが全国販売にあたってその商品名を「丸かぶり寿司 恵方巻」としたのがきっかけのようです。販売開始したのはもう少し早く平成元年1989年でした。

流行り始めたのは20年くらい前からですが、30年の歴史があります。

引用元:http://shikirabo.com/archives/931

恵方は陰陽道の神様、歳徳神のいらっしゃるところ、恵方巻は江戸時代から関西で商売繫盛を祈って食べられた習慣。これをうまくミックスしてコンビニが全国展開をはかり、今ではスーパーなどの店頭でたくさんの恵方巻が並んでいます。

日本が得意とする「新しい文化を作り上げる」ことでうまれてきた習慣ですね。また丸ごと食べるのは、一気に食べることで福を逃さないという商売繁盛の精神からきているようですね。

さすがに大阪からはやっただけのことはあるような。

そもそも恵方とは何のでしょう。恵みの方角という事のようですね。

スポンサーリンク


恵方とは

恵方とは歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所のことです。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/158850/meaning/m0u...

歳徳神は陰陽道でその年の福徳をつかさどる神様で、その神様の方角に向かってことを行えば万事に吉とされるようです。

それでこの歳徳神のいる方向(恵方)に向かって恵方巻を食べるという事になったようですね。

その恵方というのが毎年違っていて2018年は丙(ひのえ)=南南東です。

引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/takao_mizuno1961/5520593...

いつ食べるの?時間て関係ある?

恵方巻きは、節分の日に食べます。

節分はいつかというと、 節分とは、季節の始まりの日である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日をいいます。特に豆まきのある節分は立春の前日で、日付は2024年までは2月3日です。

2024年までは2月3日というのもヘンな書き方なのですが、節分の日というのは太陽の運行によって決まるので、かならず2月3日に決定という事ではないのです。

ちょっとびっくりですね。2025年の節分は2月2日とも言われているのでなんだか違和感があります。

食べる時間に決まりはあるの?

時間指定はないのですが(あったらこわい)夜に食べるのがいいという説もあります。その理由は邪気のある鬼は夜にくると言われているからだそうです。

あれ?この説もなんだか怪しいかもしれません。だって恵方巻は歳徳神のいる方向に向かって事を行えば吉ということなので、鬼とは関係ないのじゃないかと思いますが、どうなんでしょう。

鬼と関係あるのは豆まきですよね。豆まきは大体夜に行いますね。豆まきと連動して恵方巻も夜という事になったのかもしれません。

食べ方で注意すべき点は?

  • 切らずに丸ごと食べる
  • 恵方を向いて食べる(2018年は南南東)
  • ひとり1本食べる
  • 一気に食べる(福を逃さないため) 

他にもいろいろ説があるようですが家族がみんな同じ方向に向き、恵方巻を丸ごと1本一気に食べる様はなかなかの景観ですね。

節分、豆まき関係の記事はこちらにもあります↓

豆まきで大豆を使う理由は?カロリーも気になるし、余りの利用方法はこちら。

2月と言えば節分、豆まきですね。豆まきにはいつもスーパーで売っている豆を購入し、そのままで豆まきをするのですが、使う豆は大豆以外にもいろいろあることが分かりました。 大豆が一般的なのですが、大豆を使う ...

続きを見る

節分は豆まきだけじゃない!100均を使っておしゃれに飾りつけよう!

節分は鬼を豆をまいて鬼を退治したり、楽しい行事です。それに加えて玄関などにちょっと飾り付けをしてみるととても楽しくなります。 今回は100均を使っておしゃれに飾り付けをする方法を考えてみました。 早速 ...

続きを見る

まとめ

  • 恵方は陰陽道の神様、歳徳神のいらっしゃるところ。
  • 恵方巻は江戸時代から関西で商売繫盛を祈って食べられた習慣。
  • これをうまくミックスしてコンビニが1998年に全国展開をはかり今の形態となった。
  • ざっと20年前から流行り出した。
  • 恵方巻を食べる時間は夜。邪気をはらうため。
  • 切らずに丸ごと食べる
  • 恵方を向いて食べる(2018年は南南東)
  • ひとり1本食べる
  • 一気に食べる(福を逃さないため) 

節分には豆をまいて鬼を払い、南南東に向かって恵方巻を食べ、ことしも健やかに過ごせますように。

スポンサーリンク

-季節の出来事

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.