季節の出来事

未使用や書き損じの年賀状は払い戻し・返金・返品が出来るの?交換期限はいつまで?

投稿日:

年末に100枚、200枚とまとめて買った年賀状も未使用で終わったり、書き損じてしまったものもたくさんあります。

未使用の年賀状はしっかり「年賀」と印刷されているため、ふつうのハガキとして使うには抵抗があるし、そのまま置いていてももったいないし、ということで払い戻しや返金、返品ができるのか調べてみました。

スポンサーリンク

未使用、書き損じの年賀状を郵便局に持っていく

とりあえず何枚かの未使用、書き損じの年賀状を郵便局に持っていきます。ついでに宛名不明でもどってきたのも払い戻し、返金、返品できるるか聞いてみることにします。

わたし
あのう、この年賀状払い戻しとかできますか?使ってないサラなんですけど
A子さん
はい、だいじょうぶですよ。交換になります。
わたし
あのう、書き損じとハガキとか宛名不明で戻って来たやつなんかは…
A子さん
はい、それも大丈夫です。そちらも交換できます。
わたし
(やった!)ありがとうございます。

てなわけでOKでした。

でも払い戻しや返金、返品ではなくて交換とは?詳しく見てみます。

何に交換するの?手数料っているの?

使わなくなった年賀状は

「通常切手」

「普通郵便はがき」

「郵便書簡(ミニレター)」

「特定封筒(レターパック)」

のどれかに交換できます。切手、はがきに交換すると便利ですね。

手数料は1枚につき5円です。

また、年賀状販売期間であれば、書き損じはがきを新しい年賀状と交換できます。

これはどういうことかというと、年賀状販売期間( 2018(平成30)年用年賀葉書の販売は、2017年11月1日(水)から2018年1月5日(金)まで )なら年賀状を書くのに失敗しても手数料無料で交換できるということです。

わたし
印刷がヘンになったよ〜。もったいな〜い。
A子さん
1月5日までだったら手数料なしで交換しますよ

ちょっとややこしくなりましたが整理しますと2017年11月1日以降に買った年賀状なら2018年1月5日までは手数料無料で交換でき、それ以降はハガキ1枚につき手数料5円かかるということです。

交換期限はいつまで?

1月5日を過ぎると1枚につき5円の手数料がかかりますが、交換期限はありません。また昔の古い年賀状でも交換してくれます。

パターンA: 1月5日までに書き損じ年賀状を交換

わたし
すみませーん、今年の年賀状20枚も書き損じちゃったんです〜
A子さん
はい、ではこちらの新しい年賀状をどうぞ
わたし
おいくらですか?
A子さん
年賀状販売期間内ですから無料です。
わたし
えっ!(ラッキー)

パターンB : 1月6日以降に未使用、書き損じ年賀状を交換

わたし
すいませーん。未使用年賀状と書き損じ年賀状が40枚あるんですけど…
A子さん
はい、手数料が1枚につき5円かかります。何に交換しましょうか。
わたし
ではハガキをお願いします。あのう、昔の古い年賀状あるのですが、それも交換できますか?
A子さん
はい。古いのでも大丈夫です。交換期限はありませんから。
わたし
では全部で50枚をハガキに交換お願いします。おいくらですか?
A子さん
手数料が50枚分で250円です。

2017年11月1日発売の2018年用年賀状なら2018年1月5日まで無料で交換してくれます。

それ以外の古い年賀状は期限がなく、いつでも1枚5円の手数料で交換してくれます。

 

スポンサーリンク

値上がりした分同じ枚数では交換できない件

例年だと52円のハガキが5円の手数料でそのまま新しいハガキに交換となるのですが、郵便料金の改定により、通常はがきの料金を52円から62円に変更になりました。

ですから交換の計算が少しややこしくなります。

52円✖️50枚=2600円

250円の手数料で50枚2600円の新しいハガキと交換できたのが

2600円>(62円✖️○枚)てなことで41枚にしか交換してもらえません。。。。

わたし
書き損じと未使用のハガキを交換してもらうと何枚ですか?
A子さん
はい、手数料250円です。新しいハガキは41枚になります。

注意事項

年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、
2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)までです。

1月8日以降に年賀はがきを差し出される場合は、さらに10円分の切手を貼り足していただく必要がありますので、ご注意ください。

わたし
書き損じハガキを82円の切手に交換してください
A子さん
はい、手数料は250円です。交換分は82円の切手31枚になります。

ややこしいですね。値上がりしなかったら手数料を払うだけですんなりと同じ枚数に交換してもらえるのに。

払い戻し・返金・返品はだめだけど何とか換金する方法

払い戻し・返金・返品は残念ながらできませんでした。

しかし、裏ワザはあります。

金券ショップやリサイクルショップで交換したはがきや切手を売るのです。

大体どのショップでも、62円はがき➡50円が相場のようです。これはばら売り(1枚ずつ)の場合で200枚完封といって200枚を一束にしている場合は1枚当たり54円ほどになるようです。

未使用・書き損じはがき

   ⇩

郵便局で新しいハガキ・切手などに交換

   ⇩

金券ショップで換金

こういう流れになります。

年賀状を出し遅れた時の記事はこちら↓

年賀状が元旦に遅れた場合は?上司や友達への挨拶や一言の例文はこれだ!

毎年、年末が近づいてくるとそろそろ年賀状を書かなくてはと気になり始めます。最近はメールやSNSで新年の挨拶をやり取りされることも多くなってはきていますが、やはり昔からの風習で年賀状というものには、書か ...

続きを見る

まとめ

  • 未使用、書き損じのハガキは払い戻し・返金・返品はできない。
  • 1枚につき5円の手数料で切手やハガキに交換できる。
  • 2018の年賀状なら販売期間内(11月1日~1月5日)なら無料で交換できる。
  • なんとか換金するには金券ショップなどで売る方法がある
  • 62円のハガキなら50円で買い取ってくれる。

私自身、販売期間内に無料で交換してくれることは知りませんでした。家で印刷するときよく失敗するんですよね。これからはさっさと郵便局に持って行って交換してもらう事にしましょう。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-季節の出来事

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.