男性芸能人

岡田准一は何種類もの格闘技で師範レベル!その鍛えた現在の筋肉もすごいレベル!

投稿日:

岡田准一さんといえばv6のメンバーで歌手であることも忘れそうなくらい俳優としての活躍がすごいですね。それも大河ドラマ「軍師官兵衛」に代表される時代劇ものは見応えがあります。

その岡田准一さんは格闘技では師範(インストラクター)のレベルというからびっくりです。それも数種類といいます。

それは一体どんな格闘技なのか、いつから格闘技を始めたのか、また格闘技で鍛えられた現在のすごい筋肉を画像を交えて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

格闘技の種類は?

岡田准一さんが師範資格を所有している格闘技は次の3つです。

  1. カリ
  2. ジークンドー
  3. USA修斗

では順番に見ていきましょう。

カリ

フィリピンの武術で国技。『エクスリマ』や『アーニス』ともいいます。近年、ハリウッドのアクション映画で主流となっていることから岡田さんはカリを習おうと考えたそうです。

素手で戦う体術、片手の剣術、
剣とナイフの二刀流の技術、
オリシという棒を使った技術、
両手で武器を使う技術など

ジークンドー

故ブルースリーが作り上げた格闘技。

ジークンドーは、路上の、なんでもあり実践格闘術であり
打撃技、倒し技、投げ技、
締め技、関節技など、
あらゆる種類の格闘技のエッセンスを集大成した武術

USA修斗

元タイガーマスクの佐山聡が作り上げた総合格闘技。パンチやキックなどの打撃や関節技、絞め技などがあります。

なんだかすごいですね。岡田准一さんの男っぽい顔だちにぴったりな感じです。

いつから格闘技を始めたのか

きっかけは2007年のドラマ『SP警視庁警備部警護課第四係』でした。
ドラマでは特殊な能力を備えたSP(セキュリティポリス)達がテロリストと戦うというストーリーで、アクションシーンが沢山あります。そのSPを演じることになった岡田准一さんはスタントマンなしで自分がこの激しいシーンを演じるために格闘技をはじめたとのことです。

この動画を見ても岡田准一さんの動きのすごさがわかります。というよりもはや日本を代表するアクションスターといってもいいくらいです。

アクションシーンはさすがです。もはやアイドルのイメージはないかも・・・・

 

スポンサーリンク

いつ師範の認定をされたのか

初めて師範と認定されたのがカリとジークンドー共に2014年9月1日。2015年に2nd、2016年には3rdと着実に昇格してきました。
そして今年2017年2月1日付けでIUMA日本振藩國術館の公式サイトにて、ジークンドー、カリが4thレベルと表記されており、4年連続で昇格していることが判明しました。

  • 2014年9月1日  師範資格認定
  • 2015年9月1日  2nd 認定
  • 2016年6月1日  3rd 認定
  • 2017年2月1日  4th認定

ということになります。

次の画像は少しややこしいですが、赤線を引いた岡田准一さんは2014年9月1日にカリ、ジークンドー共に認定され、2016年6月1日段階で3rdレベル認定ということです。

引用元 : https://twitter.com/i/moments/835741608179986432

 

また、USA修斗でもついに昇格!フルインストラクターに認定されました。なんでも10年間も修行をしたそうです!

6月7日、中村頼永師父のプライベート・スチューデントである岡田准一氏が、ついに『修斗 クラスCシューター(フルインストラクター)』の認定を受けた!
それは、USA修斗協会代表を務める中村師父により、その鍛錬の過程はもちろん、技量や実力などが総合的に認められたものである。

http://www.bruceleejkd.com/

実はジャニーズは格闘技禁止なのです。歌って踊れるアイドルですからね。今では司会や俳優分野にも進出していますが、さすがに歌って踊れる格闘家というのはジャニーズのイメージではなかったのでしょうが、今やなんでもできる時代、岡田准一さんの格闘姿というのもものすごくカッコよく、ジャニーズも結果オーライということなのでしょう。

では格闘技できたえた筋肉を見て見ましょう。

岡田准一の筋肉

引用元 : https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_...

かっこええ・・・・

このごろいろんな芸能人が体を鍛えていますが、やはりジムで鍛えたのとは違いますね。ジムでは部分的に鍛えていくのですが、格闘技をしていて体全体が鍛えられていくのとは筋肉の付き方が違うように思います。

たとえば胸筋がもっと厚かったり、腹筋がいわゆるシックスパックという6つに割れているのがありますが、岡田准一さんの場合、ごく自然に均整がとれていて逞しいです。

ジークンドーの創始者といわれるブルース・リーを見てみると

引用元:http://www.sanspo.com/geino/news/080617/gnj0806170...

いやいや、ブルース・リーは圧倒的でした。ブルース・リーが活躍した1970年代をご存知の皆さん、男の子はみんなヌンチャクを振り回したのも懐かしいですね。

岡田准一さんはブルース・リーが亡くなってから生まれていますが、ジークンドーを作り上げたのがブルース・リーということで憧れているかもしれません。

まとめ

  • 岡田准一はカリ 、ジークンドー、 USA修斗の3種類で師範資格を持っている。
  • きっかけは2007年のドラマ『SP警視庁警備部警護課第四係』で、特殊な能力を備えたSP(セキュリティポリス)役だったため。
  • 毎年そのレベルはアップしていて、2017年2月1日4th認定されている。
  • 格闘技で鍛えた筋肉はジムで鍛えたものとは違い、自然でカッコ良く、逞しい。

二枚目で演技力もあり、アクションもこなせる岡田准一さん。これからもどんどんと演技の幅を広げて活躍されることを期待しています。

スポンサーリンク

-男性芸能人

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.