男性アスリート

大谷翔平の最新・海外の反応に迫る!彼女との最新・外泊情報は本当?

投稿日:

大谷翔平選手の海外挑戦が正式に決まりました。いよいよ大谷翔平選手が子供の頃からの夢に向かって挑戦します。

引用元:http://www.sankei.com/sports/photos/171111/spo1711...

この状況下での最新の海外の反応が気になります。

また、海外に行くとなればいろいろと支えてくれる女性=彼女が出来ればいたほうが良いと思われます。

彼女との最新・外泊情報も気になります。今回はその辺を探ってみます。

スポンサーリンク

大谷翔平の最新・海外の反応

2017年11月11日11時に以下のように正式発表がありました。

引用元:http://viralmedia.tokyo/news/yjnews/400238.html

日本ハムの竹田憲宗代表取締役社長、栗山英樹監督が10日、都内で記者会見を開き、大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍を容認することを明かした。

現在失効中のポスティングシステムが新たに締結されることが条件とはなるが、二刀流右腕のメジャー挑戦がこれで正式に決まった。

  竹田社長は会見で「本人と本日会談を待ち、来シーズンからMLBに活躍の舞台移したいと言われた。ファイターズはポスティングシステムの利用を承諾する」と明言。

さらに、入団時から大谷を指導し、柔軟な起用法で唯一無二の二刀流プレーヤーとして才能を伸ばしてきた栗山監督も「翔平ももっともっと前に進まないといけない。そういうけじめの日になった」と話した。 (Full-Count)

全米でも注目度はナンバーワン

大谷翔平選手への注目度が、米国でも日に日に高まっています。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/team/

11月4日(日本時間5日)、大リーグ公式サイトは「ショッピングリスト」と題し、オフのFA市場のポジション別注目選手を紹介しました。

その中で先発投手部門ではドジャースからFAとなった日本人のダルビッシュを押しのけて、大谷翔平選手がトップで紹介されています。  

同サイトでは11月3日に掲載した「オフの注目の話題選手ベスト10」の特集でも、デレク・ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任したマーリンズによる主砲スタントンの放出問題を上回り、大谷翔平選手の去就が1位にランクインしています。

日米間でのポスティング改定交渉の決着を前に、早くも「Otani」が全米をにぎわせています。

(引用元:via:https://news.biglobe.ne.jp/topics/sports/1106/24701.html)

ヤンキース地元メディアのコラム

ニュージャージー州のヤンキース地元・大手総合メディアNJ.comは2017年4月12日(日本時間13日)、「日本のベーブ・ルースがヤンキースへ? なぜショウヘイ・オオタニの噂は理にかなっているのか」と題したコラムを掲載しました。

引用元:http://matomeshi.net/archives/4383

日本ハムの大谷翔平投手(22)のヤンキース移籍を熱望しています。 大谷翔平選手の才能について昨年(2016年、日本ハムが日本シリーズを制して日本一になった年)の成績を挙げて、「一生のうち見られるか見られないかの逸材。マウンドとバットで革命をもたらす」と大絶賛しています。

投手としては10勝4敗、防御率1・86、140回投げて、奪三振率11・2。

打者としては打率3割2分2厘、出塁率4割1分6厘、長打率5割8分8厘、22本塁打、67打点。

ちなみに奪三振率は昨年のメジャーでは3位相当。打者を評価する指標であるOPS(出塁率+長打率)10割4厘は同2位。(中略)

さらに大谷がヤンキースに合致する理由として、来年(2018年)以降はDHが空くことを指摘しています。今季(2017年)のDHはマット・ホリデー外野手(37)が務めているが1年契約です。「ア・リーグのヤンキースであれば投げない日は大谷翔平選手をDHで起用できる」

およそ100年前(1920年)に「元祖・二刀流」のベーブ・ルースがレッドソックスから移籍したことで、ヤンキースは常勝軍団となりました。ヤンキースの地元では「大谷は21世紀のベーブ・ルース」と期待を寄せています。

(引用元:東京スポーツ)

米スカウト5人が大谷翔平を評価

二刀流の実現「彼こそがその選手」。  左太もも裏を痛めて戦列を離れている日本ハムの大谷翔平投手。

それでも2軍施設で練習する姿をレンジャーズ首脳陣が見学に訪れるなど、メジャー球団からの注目が途切れることはありません。

米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」では、大谷翔平選手に関するオリジナルの特集記事を掲載しています。

カブスのフロントオフィスで25年働いたチャク・ワッサーストローム氏がメジャー球団のスカウト5人に聞き取り調査をした興味深い内容で、大谷翔平選手がメジャー移籍を果たした場合、将来的には投手としては「エース」、打者としては「平均以上」になると総合評価を下しています。

また5人のスカウトは異口同音に「二刀流が実現できるとしたら、彼こそがその人物」と絶賛しています。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2146862765710287701/2...

このようにMLBでも高評価です。いったいどのチームに移籍するのか興味津々です。あとは怪我をしないように祈っています。

 

スポンサーリンク

彼女との最新・外泊情報

メジャー挑戦が決まった大谷翔平選手。海外での生活に精神的な面と食事などの健康管理を考えると彼女または奥さんがいた方が良い気がしますが、大谷翔平選手にはこれまでもこの方が彼女だという情報はありません。

高校時代からメジャー行きを夢見て、しっかりと計画・目標を設定して、それに向けてプロ入団後もストイックにトレーニングに励んできました。

参考記事  ↓

大谷翔平の目標設定・達成・管理シートが凄い!メジャー移籍金と年棒予想に驚き!二刀流は無理?

日本ハムの大谷翔平選手の今シーズンオフのメジャー移籍の可能性が注目されています。 プロ入団から今シーズンで5年が経過しようとしています。今や投手としても打者としてもその才能・実績には驚きます。その背景 ...

続きを見る

彼女をつくっている暇、気持ちなど実際は無かったのではないでしょうか。

それでもこれだけ活躍して有名になれば、知り合う機会は無いことはない訳で、これまでにも噂はあったようです。世間の女性がほっておく訳はないでしょう。

これまでに噂になった方に同じ奥州市出身で実家が3分しか離れていない、モデルで現・フジテレビのアナウンサーになられた久慈暁子さんという方がいます。今のところ交際しているという情報はありません。

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2093018/photo/1/

しかし、ヤンキースの田中将大投手もそれぞれ北海道出身という事で里田まいさんと結婚されているので、将来可能性はあるかもしれませんね。

次は地方の中京テレビアナウンサーの市野瀬瞳さんです。あのメジャーで活躍する前田健太投手の現奥さんも中京テレビのアナウンサーであり、ある飲み会で一緒だったのが知り合うきっかけのようです。

引用元:http://aauk.jp/f-announcer-ichinose

先輩の前田健太投手からはメジャーに行くなら早く結婚したほうが良いよ。というアドバイスをしているようです。実際、前田健太投手は24歳で結婚されています。大谷翔平選手は23歳ですから、来年は同じ年になりますね。

この市野瀬瞳さんは大谷翔平選手より9歳も年上ですが、あのイチロー選手、田中将大(ヤンキース)、原辰徳(元巨人)、落合博満(元巨人)、など一流選手の奥さんに年上がいるのも事実としてありますね。

今は市野瀬瞳さんと交際しているという情報はありませんが、将来可能性としては否定できませんね。

そのほかにも芸能界でモデルや女優の中条あやみさんや朝比奈彩さんとの噂も出ましたが、こちらも今は交際は無いようです。

以前は寮生活でしたので、外泊されることもあったようです。ただ、親戚の家だったり友人の家だった可能性が大きく、彼女らしき人は全く浮かび上がってこなかったようです。

今は寮を出られて一人暮らしをされているようです。それからはあまり外泊をされている様子もなく、また女性を自宅に招いている様子もないようです。

これだけ注目されていると迂闊な行動も出来ないようですね。マスコミから張られている可能性も否定できないですね。

大変ですね、有名人というのは・・・。

彼女との最新・外泊情報はこれだという決め手はないように思われます。

参考記事  ↓

大谷翔平の怪我の原因が三角骨にあるって知っていますか?気になる最新の海外の反応はこれだ!

昨年のパリーグのリーグ戦、日本シリーズで二刀流で大活躍した日本ハムファイターズの大谷翔平選手が今シーズンは苦労している。WBCでは右足首の怪我で出場辞退をし、今シーズンは打者で開幕から絶好調であったが ...

続きを見る

まとめ

  • 大谷翔平選手の海外挑戦が正式に決定し、これからMLBとの入団交渉が始まります。
  • 海外の特にMLBからの評価は高く、二刀流でも十分やっていける。21世紀のベーブ・ルースと評されています。
  • 彼女との最新・外泊情報はこれといった情報は確認されていません。

とにかく、MLBでも怪我無くそして夢の二刀流での活躍を祈るばかりです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性アスリート

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.