女性アスリート

可愛い女子日本代表選手がいるアイスホッケーチームの愛称は?平昌五輪出場は大学大会が盛んだから?ランキングは?

投稿日:

2017年2月12日、平昌五輪予選最終日に日本チームはドイツ相手に3-1で勝利します。

これにより、勝ち点9とし、1位を確定させて、2大会連続3度目の五輪出場を決めました。

ところでそのアイスホッケー女子日本代表選手が可愛い・美しいと評判です。そのチームの愛称が気になります。

また、平昌五輪出場は大学大会が盛んになってきているかららしいです。そして日本の世界ランキングはどうなのでしょうか。

今回はその辺を探ってみます。

スポンサーリンク

可愛い女子日本代表選手がいるアイスホッケーチームの愛称は

1990年に第1回世界選手権に初出場するが最下位です。

それ以降は予選敗退で世界選手権に出れない時が続きます。

1998年は長野五輪の開催国枠で五輪初出場しましたが、6チーム中5戦全敗で最下位でした。

その後いいところまではいくがなかなか五輪の道は遠い時代が続きます。

2013年2月、ついに予選を突破して2014年2月のソチ五輪に2回目の出場を果たします。

その時のチームのコンセプトが「笑顔を持ち続ける」ことで勝利を勝ち取ったところからチームの愛称を「スマイルジャパン」としました。

引用元:http://olympicguides.com/pyeongchang2018-smile-jap...

これはサッカー女子がワールドカップで初優勝した時に「なでしこジャパン」でブームを巻き起こしましたが、「スマイルジャパン」も女子アイスホッケーのブームを巻き起こすことになる可能性があります。

現に今、女子日本代表の選手が「美人・可愛い」と注目され始めました。

特にユニフォームはがっちりした装いで、激しくぶつかります。

しかし、ヘルメットを外した時の、可愛らしさ、美人であることのギャップが驚きとファンになってしまう人が多いのです。

引用元:https://dot.asahi.com/dot/2017020900092.html

「スマイルジャパン」この言葉をオリンピックで何度も聞くことができるのを楽しみにします。 

 

スポンサーリンク

平昌五輪出場は大学大会が盛んだから

アイスホッケーは、スポーツ競技の中で、女子の間に最も急速に普及した競技であるが、大学のアイスホッケーチームが急激に増えています。

特に2013年から日本学生女子アイスホッケー大会が開催され2013年、2014年はともに15チームが参加しました。

優勝はどの年も東京女子体育大学でした。

2015年、2016年は16チームが参加し、優勝はどの年も日本体育大学です。

引用元:https://twitter.com/nssugirlshockey

2014年のソチ五輪に出場決定した(2013年)ことがやはり大きく影響しています。

このように大学で盛んになると、そこで頑張るために高校で目指す生徒が増え、そして中学生、小学生と普及するサイクルができてきます。

野球も大学、高校、中学、リトルリーグと下に下にとサイクルができてきました。

プロで活躍するという目標があると、小さな子供時代から取り組み、目指すようになります。

サッカーも日本にJリーグができてから、小さな子供時代から競技を始める子が増えてサッカー人口が増えました。

ランキングは

1位はアメリカ、2位はカナダ、3位はフィンランド、4位はロシア、5位はスウェーデン、6位はスイス、 8位はドイツ、9位はチェコ、10位はデンマーク、11位はオーストリア、12位はフランス、13位はノルウェー 開催国枠の韓国は23位。

日本は7位です。

特に1位アメリカ、2位カナダ、この上位2チームは断トツで、他の国のチームとは大きくかけ離れています。

まとめ

  • 日本代表女子アイスホッケーチームの愛称は「スマイルジャパン」です。
  • 日本代表選手に可愛い・美人と評判です。特にヘルメットを取った時のギャップがたまらなく可愛いとのことです。
  • 大学の女子アイスホッケーチームが急激に増えて、そのことでアイスホッケー人口が増えることが期待されます。
  • 世界ランキングは日本は7位で、上位2か国がアメリカとカナダで、他の国のチームを圧倒しています。

もう後4か月後には平昌五輪が始まります。銅メダル以上を獲得するよう期待したいものです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-女性アスリート

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.