健康

線虫で早期ガンを発見できるガン検査は驚きの精度と費用!実用化はいつ?

投稿日:

がんは1981年以降ずっと日本人の死因第1位です。近年では2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなるといわれています。しかし、がんは死亡率が高いとてもこわい病気といった認識から早期発見ができれば完治も可能というところまで変わってきています。

ところががん検診といってもそれぞれの部位ごとに受けなくてはならなく、面倒であるといったことが現状です。結局がんの検診率は3割ほどにとどまっています。

こう言う問題を解決する画期的な検査ができるかもしれません。

それが線虫を使ったものです。

線虫がガンに反応することを利用した検査ですが、その精度がなんと95.8という驚きの数字です。

費用や実用化はいつなのでしょう。

見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

線虫とは

線虫とは線形動物門に属する動物の総称です。

体調1ミリほどの生き物で、細長い糸のような形をしています。

土壌や水中にいたり、人間の身体に寄生しているものもいます。

室温で飼育でき、4日で次世代を作るなどとても扱いやすいものです。

引用元:http://daigaksei.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/po...

うわあ、なかなか気持ち悪いですね。

 

なぜがんを見つけるの?

がんには特有のにおいがあるそうです。

そこでがんを探知する犬の研究が行われていたのですが、あまりうまくいかなかったそうです。がん患者は膨大ですから需要と供給が合わなかったのでしょうか。

線虫は1ミリと小さいながら犬の1,5倍の嗅覚を持ちます。そして好きな匂いには寄っていき、嫌いな匂いからは逃げるという特徴があります。そして、がんの匂いは線虫の好きな匂いであるということです。

実際にがん患者の尿に線虫は寄って行き、健常者の尿には逆に逃げていったそうです。

しかもその確率は95.8パーセント!!

ちなみに従来のがんであることを調べる腫瘍マーカーの確率は20~30パーセントだそうです。

引用元:http://www.mugendai-web.jp/archives/5131

引用元:http://yoshimurayasunori.jp/blogs/%E7%B7%9A%E8%99%...

 

スポンサーリンク

線虫の弱点

素晴らしい成果の線虫ですが弱点があります。それは部位を特定できないことです。

つまり

「あなたの身体にがんがあります。しかし残念なことにどこにガンがあるかは分かりません」

ということです。

線虫はがんのステージ0~4まであるうち0や1の早期がんを見つけることができるそうです。ステージ0というと保険会社によってはがんの認定もされないところもありますね。

そういうがんまで見つけるとは素晴らしいですが部位の特定まではいきません。

しかし、そこまでわかれば医療機関に行って徹底的に調べるでしょう。

実用化は

線虫によるがん検査は尿1滴でわかるそうです。

診断結果が出るまでの時間は1時間半。

数百円という費用。

この研究をされている九州大学の廣津崇亮氏はベンチャー企業を立上げ、

2016年3月から活動を開始しています。そして

「3年後の実用化を目指している」

とおっしゃっています。

まとめ

  • 線虫とは体調1ミリほどの生き物で、細長い糸のような形
  • 鋭い嗅覚でガンをかぎつける ガンをかぎつける確率は95.8パーセント
  • 1時間半ほどで判定でき、費用は数百円
  • 尿1滴でわかる 部位を特定できないことが弱点
  • 研究者は2019年の実用化を目指している

がんの発見がこんなにも手軽にできるようになることを願います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-健康

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.