男性芸能人

海老蔵が小林麻耶と再婚する可能性はあるのか?娘の小学校受験はどこ?

投稿日:

小林麻央さんが亡くなられてから明日で50日が経ちます。市川家では麻央さんの五十日祭(こじゅうにちさい)が終られたころでしょうか。

ネット上では麻央さんが亡くなられた直後から海老蔵さんの再婚についての憶測が飛び交っています。それはひとつは市川團十郎という大名跡を継がなけばいけない責任の重さと、もうひとつはずっと麻央さんを支えてきた実姉麻耶さんの存在でした。本当に再婚の可能性はあるのでしょうか。

また、娘の麗禾ちゃんは来年小学校です。そうなると秋の受験を控えて大変な時です。志望校はいったいどこなのでしょうか。また受験に向けて現在の様子はどうなのでしょうか。見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

五十日祭を迎えて

市川家は神道なので仏教でいう四十九日が五十日祭となります。五十日祭は忌明け(いみあけ・きあけ)といって遺族が故人の冥福を祈って喪に服す期間を終えることです。忌明けまでは結婚式や祝賀会などのお祝いごとに参加するのを慎みます。

ひとつの区切りですね。四十九日同様、この日に納骨することも多いようです。麻央さんの遺骨はどうされるのでしょうか。まだまだ手元に置かれるかもしれませんね。

ちなみに一年祭で喪明けとなって通常の生活にもどるとされます。

小林麻耶との再婚?

海老蔵さんの場合はその特殊なお家柄から「再婚」は避けて通れないことかもしれませんね。

海老蔵、団十郎襲名はいつ?再婚はどうなるのか?

6月22日に麻央さんを亡くされ、悲しみに打ちひしがれながらも歌舞伎の稽古、子供たちの世話と毎日一生懸命に生きておられる海老蔵さん。しかしながら海老蔵さんは名門成田屋の後を継ぐという重責を担っております ...

続きを見る

でもその話は麻央さんのせめて1年祭が過ぎてからの事でしょう。海老蔵さん自身の思いとしても麻央さんが亡くなられたのがどん底で日が経つにつれてだんだんと元気になる、というのは見かけだけで実際は麻央さんが亡くなられてからどんどんと気持ちが落ちていってどうしようもなくなるのがほんとうでしょう。

でもなぜこんなに麻耶さんのことが取りざたされるかと言うと海老蔵さんとの余りにも近い距離感のためです。

麻耶さんと麻央さんはとても仲のいい姉妹で、麻央さんの闘病中麻耶さんの献身的な支えはブログに書かれていた通りです。海老蔵さん一家がマンションに越されてからは麻耶さんも一緒に住み、麻央さんを事実上「介護」していました。

ところがそれだけでなく、麻央さんが亡くなられてから今もそのマンションに依然として麻耶さんも住み続けているのです。

幼い麗禾ちゃんや勸玄くんは伯母である麻耶さんによくなついており、子供たちも離れられないのでしょうが、さすがにこうなると再婚相手は麻耶さんか、という憶測が飛び交うのもうなずけます。

また誰が見ても海老蔵・麻耶の組み合わせが一番に思えますからね。麻央さんと麻耶さんは似てるし、麻耶さんと麗禾ちゃんはそっくりだし。

ただ海老蔵さんの心情としてはこれからがどんどんと辛くなると思うのですよ。亡くなった時は舞台の真っ最中だったし、勸玄くんの宙乗りを成功させるという大目標がありましたから。

これからがほんとうに海老蔵さんにとっても麻耶さんにとっても辛くなっていく時です。

お互い大事な人を亡くした者どうし、愛情が芽生えていくことは当然ありますが、まずは1年祭が終って喪が明けないことには話になりません。

可能性としてはあるでしょうし、再婚するなら麻耶さんという気持ちが見ているこちら側としては希望としてありますね。しかしこの続きは1年後に。

スポンサーリンク


娘麗禾ちゃんの小学校受験はどこ?

来年麗禾ちゃんは小学校です。ということはこの秋に小学校受験が控えてます。

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/328410997812582134/

受験予定校と言うのはズバリ青山学院初等部です。これは定員男女44名ずつという情報から簡単に分かりました。また青山学院は梨園御用達とも言われているようですね。

海老蔵も青山学院の幼稚園から初等部・中等部・高等部と通っています。

麻央さんが6月22日に亡くなった直後の6月24日にオープンスクールがありました。この日、麻耶さんは参加しているのです。亡くなったわずか二日後のオープンスクールへの参加ということはかなりの強い思いを感じます。

じつは麗禾ちゃんは青山の初等部に受かっていたのだけど辞退してよその幼稚園に通っています。それは麻央さんの病気と関係していて、青山では母親と学校のかかわりが深く、闘病中の麻央さんには無理だろうという判断だったようですね。

では初等部はどうなのでしょうね。私立は保護者の出番が多いので母親がいないとなるとどうなのでしょう。青山は特に母親負担が多いらしいので。麻耶さんの出番?

青山学院初等部入試について

東京の名門私立小学校の御三家は

  • 青山学院初等部
  • 学習院初等科
  • 慶應義塾幼稚舎(幼稚舎となっていますが小学校です)

です。さすが梨園ご用達ですね。

定員は男女44名ずつで少ないですね。幼稚園からの内部進学者40名も入れて1学年128名。私立小学校といえばまあこれくらいでしょうか。

入試は11月1日から4日にかけて行われますがそれに先立って保護者面接が10月半ばからあります。海老蔵さん行かれるのですかねえ。まさか麻耶さんてことはさすがにないでしょうが・・・

家では麻耶さんが日々の世話や読み聞かせもしているそうです。当然受験対策もいっしょにされていることでしょう。

まとめ

  • 神道の五十日祭が気明け、1年祭が喪明け。これで日常生活は普通に戻る。
  • 麻耶は麻央の闘病中からずっと支えて自宅療養になってからは同じマンションに寝泊まりしている。
  • 麻央亡き後も子供たちの面倒を見るために以前マンションに同居中。
  • 同じ悲しみを経験した者どうし気持ちが通じることはあり得る。
  • なので結婚はもしかしたらあり得るがとにかく1年祭が終ってからのこと。
  • 麗禾ちゃんは青山学院初等部目指して頑張っている。
  • 麻耶もオープンスクールに行ったりとサポートしている。

本当に麻央さんが生きていたら麗禾ちゃんの受験に一生懸命だったでしょう。本当に悔やまれます。

麻耶さんが以前として海老蔵さんのマンションにいて子供たちの世話をしていることでいろいろと噂になりますが、麗禾ちゃんの受験にとって今が一番大事な時です。ひょっとしたら青山学院初等部のはっぴょうをもって一区切りとするのかもしれませんね。発表は11月6日です。

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-男性芸能人

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.