女性芸能人

川栄李奈が三太郎新キャラ「織姫」に!女優としての評価はどう?

投稿日:

今日から放映開始されている「三太郎シリーズ」の新CMで川栄李奈(かわえいりな)が「織姫」として登場しています。某携帯会社の大人気シリーズですがこの「織姫」がビックリのキャラとシチュエーションなのです。

また川栄李奈は人気アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで今は女優として活躍しています。川栄李奈の女優としての実力や評価はどうなのか。見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

三太郎新キャラ「織姫」

3年続けてCM好感度ランキング1位のau三太郎シリーズに新キャラが登場しました。それはなんと「織姫」!あの七夕の、1年に一度だけ会えるという織姫と彦星の織姫です。その役を元AKB48の川栄李奈が演じています。あの七夕伝説の織姫だからさぞやしおらしい・・とおもいきやビックリの織姫です。まずは映像をどうぞ。

とっても元気いっぱいの織姫です。桃の中から蹴りを入れて出てくるし、三太郎たちにタメ口だし。かぐや姫の妹ということは

  • 長女・乙姫
  • 次女・かぐや姫
  • 三女・織姫

三姉妹てことですかあ。いつもながらauの設定は斬新で面白いですね。彼を探しに来たということですが金ちゃんと何やら気が合いそうな雰囲気です。金ちゃんだけ彼女がいなかったからこれはもしかしたらの設定ですかねえ。

この織姫役の川栄李奈さんは元AKB48でした。

川栄李奈あれこれ

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

  • 2010年AKB48第11期研究生オーディションに合格。
  • 2012年選抜メンバー入り
  • 2014年岩手産業文化センターでの握手会で、ノコギリを持った暴漢に襲われ、右手親指に裂傷と骨折を負う。
  • 2015年AKB48劇場にて卒業公演が行われ、AKB48を卒業。
  • 2016年NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演。
  • 1995年2月12日生まれ22歳

とてもかわいい川栄李奈さんですがAKB48を卒業後は女優に転身しました。

2014年の「AKB48握手会傷害事件」はたいへんショックングな事件で握手会のイベントにおいて、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人とスタッフ1人を切りつけ、負傷させたのです。

川栄李奈さんと入山杏奈、および2人を守ろうとした男性スタッフは骨折や裂傷を負い、病院へ搬送されてただちに縫合手術を受けています。

のこぎりで切り付けられ骨折、裂傷というものすごい恐怖は川栄李奈さんの女優転身の気持ちを早めたかも知れませんね。

スポンサーリンク


女優としての評価はどう?

川栄李奈さんは卒業後に次々と話題作に出演しています。

「AZUMI 幕末編」では舞台で主演し、暗殺集団の爺に育てられた少女の役↓

引用元:http://natalie.mu/comic/news/193630

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で高畑充希演じるヒロインが下宿する森田屋の一人娘・森田富江役↓

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2078806/full/

「早子先生、結婚するって本当ですか?」↓

引用元:http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/48424539...

「死幣-DEATH CASH-」↓

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hBC6aYqervY

連ドラへの出演が続いています。

また2016年秋には『デスノート Light up the NEW world』で普通の少女でありながらデスノートで無差別殺人を行う“史上最悪のデスノート所有者”青井さくらを演じています。不敵な笑みを浮かべる青井さくら↓

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jIb_Fv_vhoE

時代劇から殺人鬼まで幅広い役柄をこなしており、これが“実力あり”と評価されたようです。

AKB48時代の2012年には『めちゃ×2イケてるッ!』の企画である「国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト」で最下位となったことからおバカキャラとしてとしてイメージが定着しました。これも演技?

逆におバカキャラであったはずなのにあずみ役やトト姉ちゃんでの下宿屋の一人娘やデスノートでの殺人鬼というギャップが面白く、女優としての期待度を高めているのかも知れません。

実際にツイッターなどでも川栄李奈は演技がうまいと評判のようです。

まとめ

  • 川栄李奈はCM三太郎シリーズで織姫役を演じている。
  • AKB48卒業後は女優に転身。
  • 舞台で主演あずみ役、NHK「トト姉ちゃん」下宿屋の娘役、デスノート殺人鬼役など幅広い役柄をこなす。
  • そのことから演技が上手いと評判。

いろんな役をこなすことが出来る川栄李奈さん。今回の「織姫」はおしとやかな姫ではなく、元気いっぱい、やんちゃな織姫です。さすが乙姫、かぐや姫の妹。

しかし川栄李奈さんは以前

「自分の性格が明るくないので、テンションを高くするのが大変」だが「自分でOAを見て演技を改善できる」

と言っています。

さらにいろんな役に挑戦して女優として大きく羽ばたいてほしいです。

スポンサーリンク

-女性芸能人

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.