男性アスリート

糸井嘉男の2017年怪我の状態は?伝説となった身体・筋肉のトレーニングに柳田悠岐が絶句!

更新日:

パリーグ日本ハム、オリックスで大活躍して今年からセリーグの阪神タイガースにFAで移籍してきた糸井嘉男選手。阪神ファンならずとも野球ファンがセリーグでの活躍を期待しています。

その糸井選手が2017年のキャンプで怪我をされたようです。その怪我の状態が気になります。そして伝説となった身体・筋肉の凄さとそのトレーニング方法が知りたいです。一体どのようにしてあの体を作り上げたのでしょうか。

そして糸井選手と一緒に自主トレ参加した柳田悠岐選手が絶句したそうです。何に絶句したのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

糸井嘉男2017年怪我の状態

糸井選手は右膝関節炎という怪我で2017年キャンプは別メニュースタートとなりました。今年で36歳になる糸井選手ですからどこか痛いところや怪我があっても不思議ではありません。焦らずにじっくりキャンプでは過ごして開幕には間に合わせてきました。

そして開幕すると期待通りに活躍をして、阪神タイガースの開幕ダッシュに貢献しました。若手もベテランの糸井選手に引っ張られる形となり、チームは好調です。しかし前半戦が終了近くなると疲れの影響で糸井選手はやや不調となり、チームも苦しい状態になりました。

引用元:https://prcm.jp/list/%E7%B3%B8%E4%BA%95%E5%98%89%E...

実は糸井選手には2015年に右足首・右肘・そして左膝を痛めたことがあります。そのシーズンはこのような怪我の影響でやや不調に終わりました。シーズン終了後には左ひざのPRP治療を受けて2016年には見事復調して53盗塁をしてパリーグの盗塁王に輝きました。

今回の右膝の怪我は古傷の左膝をかっばての怪我だったのかもしれません。

そして7月18日の対広島戦で右脇腹筋挫傷で登録抹消になってしまいました。阪神ファンとしては早く復帰を望みますが、焦らず大事な時期の9月初めには戻ってきてほしいです。

引用元:http:/www.sanspo.com/baseball/news/20170718/tig17...

ところで糸井選手は伝説となった身体・肉体の持ち主です。そのトレーニング方法に大変興味があります。そしてあの柳田選手が糸井選手の身体・筋肉そしてトレーニングに絶句したという噂もあります。そのあたりを探っていきます。

 

スポンサーリンク

伝説となった身体・筋肉

糸井選手は京都府出身で高校時代は甲子園には出場していません。大学は近畿大学で当時は投手でした。プロ入団後は投手では成功せず野手に転向しました。しかし身体能力は凄いものがあって野手転向後もすぐに成功します。

ちなみに50m走では5秒76、遠投120m,投げては150キロの速球を、握力70kg、ホームランも年間20本以上打てるパワーを持つ。走攻守揃った打者です。

走るのが早いので盗塁、そして守備範囲も広く、肩が強いので外野からの返球が早い。ゴールデングラブ賞を6度も受賞しています。パワーがあるので本塁打も期待できる、ヒットも打てて首位打者になったこともある、まさに野球選手としてはすべてが備わっている理想の選手です。

この身体能力、筋肉は他のプロ野球選手(特にダルビッシュ投手)さえも憧れる理想のもので伝説となりました。

引用元:http:/www.sanspo.com/baseball/news/20170718/tig17...

トレーニング方法

この身体能力と筋肉はある程度持って生まれたものもあるでしょう。父親はトライアスロンの選手、母親はバレーボールの選手でした。その両親から生まれた子供です。しかしそれだけではなく本人のトレーニングの努力の賜物と思います。そのトレーニング方法を見てみましょう。

とにかく毎日筋トレを行っているようです。あのサッカー選手のC・ロナウドの身体を目指しているとか。体幹バランスが強く優れていてトップスピードでも左右にぶれることが無く技術を発揮できています。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2142322893833740201

C・ロナウド選手が毎日のように行っているトレーニングは以下のようです。

スクワット(150kg) 6回×4セット

ベンチプレス(100kg) 6回×4セット

クリーン(75kg) 6回×4セット

レッグプレス(200kg) 6回×4セット

デッドリフト(200kg) 6回×4セット

ショルダープレス(70kg) 6回×4セット

アームカール(30kg) 6回×4セット

トライセプスエクステンション(30kg) 6回×4セット

ラットプルダウン(75kg) 6回×4セット

出典 クリスティアーノロナウドの彼女や年俸は?筋肉がやばすぎると話題! | スターダストSK

C・ロナウド選手の筋トレのメニューです。

糸井選手もこれに近いことをやっているのではないでしょうか。凄いですね。

そしてもう一つ糸井選手がトレーニングの基本にしていることは走り込みです。砂丘トレーニングは有名ですね。

引用元:http://kintorecamp.com/yoshio-itoi/

糸井選手がリーダーでソフトバンクの柳田悠岐選手や阪神の今成亮太選手らが一緒に参加する浜松自主トレでも名物メニューとなっています。浜松・中田島砂丘で「胃が出そうになるまで走る」と言うほどの走り込みで自らをとことん追い込み、フルシーズン戦うために必要な体力と精神力・強靭な下半身を作り上げるのが狙いのようです。

柳田選手が絶句

実はへとへとになるまでトレーニングしてホテルに帰ったらすぐにお風呂に入るとかシャワーを浴びるとか、普通はこれをすると思うのですが、糸井選手はこの後筋トレに出かけるのです。

これにはさすがの柳田選手も絶句して、自分には到底マネは出来ないと言ったそうです。恐るべし糸井選手です。

参考記事  ↓    ↓

柳田悠岐選手の2017年俸推移に驚き!筋肉のトレーニングが身を結んだ秘密とは? 

今年のオールスターゲームでホームラン競争で、優勝した柳田悠岐選手。その入団からの年棒の推移と2017年の年棒に驚きました。 また今の体つきは本当に凄いものがあります。しかし以前はそのような身体ではなく ...

続きを見る

まとめ

  • 2017年のキャンプで右膝関節炎という怪我で別メニューのスタートとなりました。元々2015年には右足首、右肘、左膝の古傷がありました。それらをかばっての怪我かもしれません。
  • 開幕には間に合って阪神は良いスタートが切れました。後半戦が始まると右脇腹筋挫傷になってしまい、しばらく抹消です。焦らず治して大事な時期には出場してほしいものです。
  • 抜群な身体・筋肉を作ってきたのは毎日のように筋トレを行ってきたようです。あのサッカーのC・ロナウド選手を目標にかなりストイックに自分追い込むトレーニングをしてきたようです。
  • 走り込みにも並々ならぬ思いで砂丘で「胃が出そうになるくらい」まで走りこむようです。
  • 一緒に自主トレ参加した柳田選手が絶句したのは走り込みの後に糸井選手が「筋トレに」出かけたことです。とてもマネ出来ないと言ったそうです。

やはり超一流選手になるには蔭で超ハードなトレーニングをしていたのですね。どんな世界でも超一流の人は努力がけた外れのようです。

スポンサーリンク

-男性アスリート

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.