女性芸能人

野際陽子81歳で死去!肺がんを患い、5月に緊急入院していた!

投稿日:

女優の野際陽子さんが81歳でお亡くなりになりました。今放映中の作品でも元気に出演されていたのにとてもおどろきました。5月に緊急入院されていたようですがまさかこんなに早くなくなられるとは。肺がんを患っておられたようですがその闘病生活、また野際陽子さんの人生にも迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

闘病生活

2014年に肺がんを発表されました。その後抗がん剤がよく効き寛解状態までいったようです。しかし2015年に再発、その時は摘出手術を行いました。そして女優復帰しました。

順調に仕事をやっている中、ことしは4月から「やわらぎの郷」で重要な役割を担っていました。この番組は私も見ましたがとてもお元気そうでやつれた感じもなく、しっかりと役をこなされていました。

ところがよく見ると3月に行われた制作発表会に野際さんだけ欠席していたというのです。やはりこのときから随分と苦しかったのでしょう。

享年81歳です。とても若々しくそんな歳には全く見えませんでした。ずっとテレビには出ていて順風満帆な芸能生活だったように思うのですが振り返ってみたいと思います。


スポンサーリンク

60年になる芸能生活

野際陽子さんは立教大学を卒業された後1958年にNHKアナウンサーとなります。そしてNHK退職後の1963年には女優デビューを果たします。

懐かしく、また強烈な印象として残っているのは「キーハンター」です。野際さんのキリッとしたイメージと役柄がぴったりとはまり、また主題歌も歌っており、少しハスキーな声と野際さんのクールはイメージがまたぴったりでとてもカッコいい女性だと思ったものでした。

「キーハンター」で共演した千葉真一さんと1973年に結婚され、美男美女でやはりカッコいいという感じでしたね。

その後離婚され、そこからが野際陽子さんが本格的にブレイクした感もあります。

1992年の「ずっとあなたが好きだった」のなかでの強烈な姑役はもう見ているこちらも思わずドラマに入りこんだものです。その時佐野史郎さん演じた「冬彦さん」の情けなさとともにしっかりドラマ史に残る作品でした。

1994年の「スウィートホーム」では小学受験の塾長さん役。厳しいけれど最後には人情をみせる野際陽子さんの好感度があがる作品でした。

今年になっての「やわらぎの郷」は一世を風靡した俳優女優がやわらぎの郷という施設にはいって繰り広げられるドラマで主演の石坂浩二さんはじめ出演者も演出の倉本聰さんもほとんどが80歳位というこれからの高齢化社会を描いている作品なのでとても興味深いものです。

まとめ

とても若々しかった野際陽子さんなのでまだまだ活躍されると思っていましたのでこの訃報は驚きました。

しかし肺がんを患っておられたこと、再発していたことでやはりがんに打ち勝つことはできず残念なこととなりました。

若いからずっと第一線で活躍され、その作品は「キーハンター」「ずっとあなたが好きだった」などドラマ史に残るものがあります。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



-女性芸能人

Copyright© off time , 2018 All Rights Reserved.